角川文庫<br> 泣きたくなるほど嬉しい日々に

個数:1
紙書籍版価格
¥660
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
泣きたくなるほど嬉しい日々に

  • 著者名:尾崎世界観【著者】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • KADOKAWA(2023/01発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041129869

ファイル: /

内容説明

鮮烈なロックサウンドと叙情的な歌詞で多くの音楽ファンを魅了し続けてきたクリープハイプ。フロントマンにして芥川賞にもノミネートされた尾崎世界観が、他人に笑われても「好きなもの」を大事にする強さの根源と、その裏にひそむ葛藤を明らかにした。生きづらさを抱えるすべての人に共感をもたらす、日々を剥き出しにつづった挑発的エッセイ。書き下ろし作品を特別に収録した豪華版! 解説 安本彩花(私立恵比寿中学)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

m.

5
めんどくさいとかひねくれてるとか気にしすぎとか考えすぎとかぜんぶかわいい。すき。だいすき。2023/04/17

竹生

4
自分の内側をこっちが恥ずかしくなるほど曝け出したエッセイ。この本には「あるあるこれ思ってるの俺だけじゃなかったんだ」と共感できるものから「気にしすぎでしょw」と鼻で笑えるものまで幅広く収録されている。言わなくていいようなこともあえて赤裸々に書いてあるため、なんだか人の日記を勝手にみているようでドキドキした。2023/03/09

CEJZ_

2
1P16行。元の本は2019年刊。エッセイ集。クリープハイプというバンドの音楽は聴いたことはない。でも中心人物の尾崎世界観のエッセイ本は数冊読んだことはあるし、TVでも時々見る。子どもの頃のエピソードに東京育ちの子どもだなあと感じる。世界観という言葉は、本来の意味から誤用されて今ではつかわれているというエッセイを、別の作家の本で読んだことがある。この本を読み、自分は世界観という名を持つ人の、たいそうな本、読み物を読んだんだという感慨にふけった。クリープハイプの音楽も今後は聴いてみたい。2023/09/11

佐野

1
散りばめられた比喩表現が秀逸で、頷けるものから気にしすぎでしょとクスッと笑えるものまでよりどりみどり。確かにあの歌詞はこの人だからこそ書けたのだと納得した。強すぎる感受性は自分で持つよりも他人がそれに翻弄されている様子を傍観しているほうが良いな。2023/08/12

はぐみ

1
めんどくさくて、生きづらそうだな。私もすごくめんどくさい人だから尾崎さんの文章に共感できるし、もっと読みたいと思うのかもしれない。 インタビューがきっかけで、尾崎世界観さんが気になりだした私はまだクリープハイプさんの音楽を聞いたことない。若い子が好きというイメージが強く、自分には合わないんじゃないかと勝手に敬遠していたが、今度思い切って聴いてみようと思う。2023/02/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20487975
  • ご注意事項