ビジュアルでつかむ! 古典文学の作家たち<br> ビジュアルでつかむ! 古典文学の作家たち 清少納言と枕草子

個数:1
紙書籍版価格
¥3,300
  • 電子書籍

ビジュアルでつかむ! 古典文学の作家たち
ビジュアルでつかむ! 古典文学の作家たち 清少納言と枕草子

  • 著者名:川村裕子/雛川まつり
  • 価格 ¥3,135(本体¥2,850)
  • ほるぷ出版(2022/12発売)
  • ポイント 28pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784593103386

ファイル: /

内容説明

清少納言は平安時代の中ごろに活やくした女性で、『枕草子』の作者として知られています。
『枕草子』の見どころは、自然や人間に対するするどいツッコミや、客観的でイキイキとした宮中生活のようすのえがき方。現代に生きるわたしたちも、千年の時をこえて、おもしろく読むことができるからすごいのです。
豊富な知識とユーモアで、主人である定子を支え、すばらしい作品を書き残した清少納言。
その簡単な伝記と、代表作『枕草子』や和歌、平安時代の文化についてしょうかいします。
この1冊で、清少納言と『枕草子』がわかる!

(学校・図書館用の書籍です。)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イカまりこ

7
イラストがかわいくて楽しく読めた。清少納言の人生年表を見ながら定子さまの人生を思い、ちょっと暗くなる。暗く辛い気分を紛らすように、明るく笑い飛ばすような文章を綴った清少納言ってやっぱり素敵。そしてそれを分かってくれてる定子さまも素敵。巻末にもっと清少納言を知るための読書案内があって、そこからも読んでみたくなる。監修の川村裕子さんの岩波ジュニア新書は大のお気に入りだ。2023/03/04

ちい

3
清少納言の、思ったことをズケズケと言う様が、小気味よい。物知りで知的だったことが窺える。 宮中で居づらくなったのは、お高くとまる彼女の姿が、あまりにも鼻につき、周囲から嫌われたからではないかと想像した。 それにしても、平安時代の恋愛のハードルの高さよ… 教養、ファッションセンス、身分… 恋愛とは、理性の箍が外れるものだと思うが、何はともあれ、まず、頭を使わないといけないとは… あんなに狭い世界に生きているのに、センスの高い和歌を詠めるのは、鋭い感性があったからなんだろう。 清少納言、魅力的。2024/02/25

mame

0
2023/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20350683
  • ご注意事項