光文社古典新訳文庫<br> ラブイユーズ

個数:1
紙書籍版価格
¥1,848
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
ラブイユーズ

  • 著者名:バルザック【著】/國分俊宏【訳】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 光文社(2022/12発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334754693

ファイル: /

内容説明

元近衛竜騎兵のフィリップは、酒や賭博に興じ、勤め先や家族の金を使い込んだ挙げ句、軍の謀議に関与して収監される始末。息子を溺愛する母は、釈放に必要な金を工面しようと実家の兄に援助を求めるが、そこでは美貌の家政婦とその恋人が家長を篭絡して実権を握っていたのだった……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

29
タイトルロールの『ラブイユーズ』は、人名ではなく、「川揉み女」という固有名詞である。えっ、川を揉む?誰ですか怪しい想像した人は。小枝で川の流れを掻き回し、ザリガニを驚かせて、罠を仕掛けている男性のもとに追い込む作業をする女性のことだ。名前はフロール・ブラジエである。そして彼女は全三部中第二部からの登場だ。彼女が登場する前の第一部は、イスーダンのブルジョワ家庭の三代に亘る歴史が語られる。長男フィリップは遅れてきたナポレオン信奉者で士官として仕えたことを鼻にかけナポレオンが倒れた後もろくな職に就こうとしない。2023/08/20

ROOM 237

14
弟曰く「兄さんがお金を持っていると悪い予感しかしない」ハハハ…笑うしかないこのひと言に尽きる700ページ、長いけど面白い。兄が来たりてカネを吸う…18世紀末、成り上がりを目論む兄のクズっぷりに慄いている所に「時計仕掛けのオレンジ」のアレックスを思わせる切り込み隊長マックス参戦!バルザックオマージュだったら嬉しいなあ。壮大な遺産争い群像劇なんだけど、人の弱みにつけ込んで心情を変えようと奮闘するのってなんとも滑稽。対照的な兄と弟と2人に対する母の愛情格差、シンプルな愛と道義の成れの果てを見届けました。2023/10/05

kaze

14
実にバルザックらしい作品。いつもながら後半は一気読み。(前半は初心で善良な登場人物が出てくるたびに、「この後酷い目に遭うんだろうな〜」と思うのでなかなか進まない。笑)フィリップがイスーダンに乗り込んでくるところから急に面白くなる。エンタメとしての盛り上がりが半端ない。今回は珍しく勧善懲悪っぽい終わり方で、なるほどこの作品が人気あるのも納得。フィリップにしても、どうしようもないクズではあるものの、時代に翻弄された人の1人ではある。社会と人間を描いているところがバルザックなのだよなあ。 2023/08/12

Vincent

12
元軍人の最低最悪の兄と才能ある画家で優しくお人好しの弟。この2人を軸に金と名誉の欲望まみれの物語が縦横無尽に展開、何度も圧倒されました。天才バルザックの長篇のなかでもかなり満足度の高い名作かな。必読。2022/10/23

じゅん。

7
夢中になって読んだ…ほんと予測もつかない展開で「そうくる?!」の連続。人間の悪の部分をこれでもかと抉り出したような人物盛りだくさんで、抜群の面白さでしたね。2024/06/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20257487
  • ご注意事項