深夜、生命線をそっと足す

個数:1
紙書籍版価格
¥1,540
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

深夜、生命線をそっと足す

  • 著者名:燃え殻【著】/二村ヒトシ【著】
  • 価格 ¥1,200(本体¥1,091)
  • マガジンハウス(2022/12発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784838732302

ファイル: /

内容説明

生きていくって恥ずかしい
「自分がある」って面倒くさい
それでも今日は生きている
まだ諦めていない
くじけそうではある  

作家 vs. AV監督による真夜中の禁断トーク
人気配信番組、待望の書籍化!! 書き下ろしコラム付き


目次

1章 生と死
偶然という必然 
死は突然に 

2章 含羞
オーガズムを生きる 
今日も、不穏な世界で生きている 
痛くさせない人 

3章 さみしさ
きっといつか寂しくなる 
依存して生きていく 
依存なしで生きていく 
上の空で生きていく

4章 自由
世の中のルールなんて、絶対なわけがない 
うまく生きられない、あなたとわたし 

5章 コスパ
そう簡単に忘れられない 
売れようが売れまいが書くんだ 
なんで人は恋愛なんかするんだろう

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タピオカ

18
燃え殻さんと二村さんのラジオ番組「夜のまたたび」での対談を書籍化したもの。タイプの違うふたりがいい感じで、力を抜いているのだけど、なるほどと思うところもあり、読みやすかった。音声でも聞いてみたかった。2023/06/25

金城 雅大(きんじょう まさひろ)

16
あー二村さんと話したくなっちゃったなぁ。2022/12/26

emo

7
ラジオ対談の書籍化。「コロナである程度国がシャットダウンしたでしょう。切羽詰まっていた人この今のシャットダウンをうまく使った方が良い気がする」、、これ私も常々思っていた事。お二人のおすすめ本や映画の紹介、感想も良い。ちなみに私も燃え殻さんおすすめの「ウォーキングデッド」にハマった。2024/01/07

北京ダック

7
燃え殻さんと二村さんのラジオ番組での対談を書籍化。同時代を生きる人たちの悩みだったり生きづらさに対して、お二人がそれぞれ掛け合う中でアプローチされています。深夜番組だったと言うこともあり、哲学的で深く、みんなそれぞれ生きていく中で抱く孤独や疲れ、さみしさや依存、そう言ったものを、一人じゃないんだよ、みんな予定調和みたくならないんだよ、と語ってくれてます。あーそうだよねぇ、ほんとどうしようもなくそうなっちゃう、そんなことを心の中で思いながら、まるでその番組を聴いているかのように読了しました。2023/03/19

4
失礼ながら二村さんは存じ上げていなかったため、燃え殻さん目的で読みました。あとは、帯に書いていた二村さんのスナフキンに関する記述があったのでそれもきっかけです。 元々はラジオがベースで、それを本の形にしたということですが、おふたりがいい関係性を築いているため穏やかな空気感が流れる一冊でした。 ちょっとAVの監督の単著を買う勇気はないけれど、二村さんの話し方(?)は好きだったので、他の本も読んでみたいです。2023/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20418897
  • ご注意事項