古くて新しい日本の伝統食品

個数:1
紙書籍版価格
¥3,300
  • 電子書籍

古くて新しい日本の伝統食品

  • 著者名:陸田幸枝【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 柴田書店(2022/10発売)
  • ポイント 30pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784388063581

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「月刊 専門料理」に2007年から2017年まで連載していた、「日本の伝統食品」から101食品を厳選し、まとめたものです。

著者の陸田氏とカメラマンの大橋氏が、日本各地を訪ねて集めた、つくり手たちの生の声と姿は貴重な情報であり、資料的価値も高い一冊です。

今読み返してあらためて思うのは、昔ながらの食品のなかにある、知恵や技の素晴らしさ。近年、関心の高まっている発酵や熟成といった加工技術も、多くの日本の伝統食品の中に脈々と受け継がれてきたものです。日本の伝統食品は、食の知恵と技術の宝庫といえるでしょう。そしてそれを支えているのは、伝統を守りつくり続けてきた人々の情熱と、それを待ち、生かす人たちの存在です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

36
新刊コーナーから。素晴らしい記録です。ただ…ほぼすべての食品が白黒で紹介されているのにがっかり。素晴らしい記録なのでフルカラーで出版してほしかった…!でも、サライで連載されていたものは購入してあるので、実はカラーがどんなだか知っているのでした。ただ山川漬けが思い出せない…後で家の本をめくってみよう!2023/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20205427
  • ご注意事項