川のほとりに立つ者は

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • 電子書籍
  • Reader

川のほとりに立つ者は

  • 著者名:寺地はるな【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 双葉社(2022/10発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575245721

ファイル: /

内容説明

カフェの若き店長・原田清瀬は、ある日、恋人の松木が怪我をして意識が戻らないと病院から連絡を受ける。松木の部屋を訪れた清瀬は、彼が隠していたノートを見つけたことで、恋人が自分に隠していた秘密を少しずつ知ることに――。「当たり前」に埋もれた声を丁寧に紡ぎ、他者と交わる痛みとその先の希望を描いた物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

794
“新型ウイルスが広まった2020年の夏。彼の「隠し事」が、わたしの世界を大きく変えていく”と、内容紹介にうたわれるこの作品。そこには『意識不明の重体』となって五ヶ月ぶりに再会した男性に隠された真実に向き合っていく清瀬の物語が描かれていました。コロナ禍を極めて自然な描写で作品背景に落とし込むこの作品。”小説内小説”の存在が、物語に思った以上の奥深さを付与していくのを感じるこの作品。寺地はるなさんには珍しい、ミステリーという舞台設定の上に、人の心の機微を細やかに映し取っていく新鮮な読み味の作品だと思いました。2022/10/22

starbro

715
寺地 はるなは、新作中心に読んでいる作家です。 本書は、青春群像劇、中篇のせいか、今回はあまり刺さりませんでした。 https://www.futabasha.co.jp/book/978457524572100000002022/12/09

まちゃ

616
常識だと思っていることが、実は物事の一面だけを捉えた思い込みなのかもしれない。読み終わった後に、そんな思いを抱かせる物語。読後感は良かったです。篠ちゃんのセリフに共感「ほんとうの自分とか、そんな確固たるもん、誰も持ってないもん。いい部分と悪い部分がその時のコンディションによって濃くなったり薄くなったりするだけで」2022/12/25

bunmei

577
人の奥底に抱える痛みや辛さは、本人でなければ分からない葛藤がある。それは、その人の育った環境にもよるが、生まれ持った特性や障がいという場合もある。それに気づき、手を差し伸べる独りよがりな優しさが、却ってその人を苦しめ、反感に繋がる現実もあり得る。しかし、それでも最後まで「その人の明日が、よい明日になるように…」と願うことに、人としての尊厳と素晴らしさであると思う。それを、男同士の友情と不器用な恋愛を通して訴えてきている。P192の小学校6年の卒業文集に、この作品に込めた、著者の熱い思いが感じ取れた。 2023/02/26

kotetsupatapata

489
星★★★☆☆ いつもの寺地さんの作品同様に、世間一般の「普通」から少し外れた人たちを描いたストーリーでしたが、天音や松木母のようなクセのある登場人物も多く、綺麗事で弱者に寄り添うというよりかは、「分かりもしないくせに分かったふりするな」と突き放したようにも受け取られる読み口で、今までの寺地さんの作品とは毛色が異なると思えました。 と偉そうな感想を述べるのは天音の言葉を借りれば、ただ人より恵まれた立場だからなのかな?  もし貴方ならどうする?と読む人に問いかけられた1冊でした。2023/02/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20142134
  • ご注意事項