新潮文庫<br> 道行きや(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格
¥605
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
道行きや(新潮文庫)

  • 著者名:伊藤比呂美【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2022/10発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101312224

ファイル: /

内容説明

カリフォルニアで夫を看取り、二十数年ぶりに日本へ愛犬と帰国。“老婆の浦島”は、週の四日は熊本で犬と河原を歩き、植物を愛でる。残りは早稲田大学で、魚類の卵のように大勢の若者と対話する。移動の日々で財布を忘れ、メガネをなくし、鍵をなくし、犬もなくしかけた……思えば家族を、あらゆるものを失って、ここに辿り着いたのだった。過ぎ去りし日を噛みしめ、果てなき漂泊人生を綴る。(解説・ブレイディみかこ)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

21
これを手に取った頃に早稲田の院での伊藤さんも絡んだパワハラ問題を知ってしまったので、どうにも読めず積ん読しといた本。リベラルだろうがどんな素晴らしい才能がある人間だろうが、そういうものと一切を切り離すのは不可能だし(…とやっと理解した)、その状態で読むのは私には難しい。やっと読むと伊藤さんの文章好きってなる…。夫を父を看取り老いて、それでも伊藤さんは強い。犬猫も含め、様々な生き物が生きて死んでいく様が描かれ、シンプルに生きて死んでくのが一番難しいよなあと思ってしまった。もっとシンプルに読みたかった。2023/12/10

yuki

6
伊藤さんのようになれるかな?面白かったです。伊藤さんは石牟礼道子さんの「死を想う」を読んで知ったのですが。日々の生活や辛い現実を描きながら、そこに自立した一人の人間をみた思いです。2024/02/29

キーにゃん@絶対ガラケー主義宣言

5
絵本以外で比呂美さんを読むのは「伊藤ふきげん製作所」以来。反抗期の子の母親だった比呂美さんは、いつの間に愛犬と共に生きる高齢者(あら、嫌な字面だわ)になっていた。振り返れば己もだが。米国と日本、それぞれの生きることの違和感をたんたんと描いている。2023/03/28

takakomama

5
著者はカリフォルニアで夫を看取り、犬を連れて帰国して早稲田大学で教えています。外国や日本での人々との出会いや別れ、自分の老いや仕事、犬や植物のことなどを本音で赤裸々に語ってくれます。人生いろいろ、波乱万丈。著者は行動力があり、パワフルで、エネルギッシュ!2023/01/04

きょん

2
目の前に広がる移りゆく景色。育ち、花開き、老い、枯れて死んでいく生物。自分が生きて通り過ぎてきた道。著者の淡々とした語りを読み進めながら、自分の道行きにも思いを巡らせる。2023/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20331347
  • ご注意事項