フランス人が愛するチーズ、バター、クリーム。

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

フランス人が愛するチーズ、バター、クリーム。

  • 著者名:上田淳子
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 誠文堂新光社(2022/09発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 400pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416522899

ファイル: /

内容説明

チーズ、バター、クリーム。この3つの乳製品は、日本人ももちろん好きですが、フランス人にとっては毎日の生活から欠かすことができないもの。もっと気軽に楽しむ、おしゃれでおいしい乳製品の使い方を紹介します。

・チーズ…そのまま食べてもおいしいのはもちろんですが、料理の中のうまみ素材、名わき役としても活躍。「タルティーヌ」や「鶏むね肉のコルドンブルー」「ビーフステーキ ブルーチーズソース」など。

・バター…単なる油脂だけではなく、調味料としての存在感を発揮。バターモンテ(乳化しながら作るソース)や焦がしバターにして肉や魚に。柔らかくしたバターを野菜にからめる「オ・ブールなど」。

・クリーム…日本人はお菓子に使うことが多いですが、フランス人は料理によく使います。ソテーした肉や魚のソースにしたり、煮物にしたり、クリームでさっと野菜をあえる「クレメ」などなど。

これらは素材そのものにコクがあるから、そんなに手をかけなくても十分おいしい。なので調理法は驚くほどシンプルです。
ちょっと余ったチーズやクリームの消費方法などもご紹介。

目次

Part 1 チーズレシピ
チーズの使い方/チーズの種類/いちじくとチーズのサラダ/ベーコンときのこのチーズタルティーヌ/ブルーチーズと洋なしのタルティーヌ/生ハムと白カビチーズのタルティーヌ/野菜とマスカルポーネのタルティーヌ/クリームチーズディップ/ラクレット/アリゴ/鶏むね肉のコルドンブルー/豚肉とりんごとカマンベールのノルマンディ風/サーモンのフロマージュ・クルスティアン…ほか

Part 2 バターレシピ
バターの使い方/ホイップバター/ブール・アロマティゼの包み焼き/ほうれん草のオ・ブール/長ねぎのオ・ブール/ゆでえびのディルバター/ゆでじゃがのアンチョビーバター/たらのムニエル アーモンドソース/チコリのバター焼き/カリフラワーのバター焼き/鶏もも肉とカリフラワーのエスカルゴバター焼き/豚ロース肉のソテー オレンジソース/鶏むね肉のレモンクランブル…ほか

Part 3 クリームレシピ
生クリームの使い方/えびのトマトクリームソース/豚ヒレ肉のマスタードクリームソース/クリームソース4 種/かにのラビオリ クリームソース/緑野菜のクレメ/白い野菜のクレメ/アボカドのムース/サーモンのソテー レモンホイップクリーム添え/玉ねぎのロースト にんじんのムスリーヌ添え/じゃがいものドフィノア/キャベツのドフィノア/卵とクリームのココット焼き…ほか

チーズ・クリームが残ったら!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

35
わあ、白い表紙!どんな料理が紹介されているんだろう?と手に取り、レシピと写真にうっとり。タイトルにある乳製品をフル活用している料理は比較的シンプルなものが多く、とっても好み!特にバターの使い方が魅力的でした。真似してみよう♪2022/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20046024
  • ご注意事項