文にあたる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader

文にあたる

  • 著者名:牟田都子【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 亜紀書房(2022/08発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784750517544

ファイル: /

内容説明

《本を愛するすべての人へ》

人気校正者が、書物への止まらない想い、言葉との向き合い方、仕事に取り組む意識について――思いのたけを綴った初めての本。


--------------------------------------

〈本を読む仕事〉という天職に出会って10年と少し。
無類の本読みでもある校正者・牟田都子は、今日も校正ゲラをくり返し読み込み、書店や図書館をぐるぐる巡り、丹念に資料と向き合う。

1冊の本ができあがるまでに大きな役割を担う校正・校閲の仕事とは? 
知られざる校正者の本の読み方、つきあい方。

--------------------------------------

校正者にとっては百冊のうちの一冊でも、読者にとっては人生で唯一の一冊になるかもしれない。誰かにとっては無数の本の中の一冊に過ぎないとしても、べつの誰かにとっては、かけがえのない一冊なのだ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

140
校正という仕事は、表面上は想像できるが、遥かにそれを凌ぐ広がりと奥深さを感じとれる。常日頃、何気なく本を読んでいるが、確かに、誤字を発見することもある。しかし、それ以上に、事実に即しているのかということも大きなこと。そこに気づくというか、確かめてみようというアンテナが凄い。そして、何よりも、一つ一つの文章・言葉に対する姿勢が素晴らしい。こんな感じで、いろいろな文章・言葉に接していきたいと切に思う。2022/12/28

へくとぱすかる

123
仲間うちに配る冊子の、タイピングと校正を引き受けたことがある。有名な言葉を誤って引用していると判断して、訂正して印刷に回したら、「あれは自分なりに配慮した変更で」と後から言われ、しまった! と思ったが、あとの祭り。校正とは、文法や誤字の訂正などより、はるかに範囲の広い仕事であることをこの本で知って、改めてかつてのミスを思い出す。冒頭の話にあるように、ミスを正すのではなく、指摘するのだと。「ペーパームーン」の例も、その通りだと偶然知っているが、もし知らなかったら実際に映画を見るしかない。大変なことである。2022/12/12

アキ

123
普段、本を読んでいて、「この本の校正は素晴らしかった」と言うことはない。しかし、その本を最も精読しているのは、翻訳者か校正を行った担当者だろう。ベテランの校正者によると「校正に向いていると思っている人こそ向いていない」という。その技術とは思い込みや先入観をいかに排するかである。年間7万点の本を3千社前後の出版社が刊行しているが、校正・校閲専門部署があるのはごく一部らしい。誤植があったら、「誤植の裏にどんな事情があったのかを想像する」ことが大人の読み方なのだと思う。因みに本書の校正は谷内麻恵さんだそうです。2022/10/25

Kanonlicht

98
パンダのしっぽが白いという確証を探して、動物園のサイトを検索し、それでもまだ確実ではないと、図書館で図鑑をあさる。レシピ本に書かれた材料や切り方で本当にその料理が作れるかを真剣に検討する。ただ誤字脱字を探すだけではない校正という仕事の奥深さを知った。間違いを「拾う」ために校正者に求められるのは、まず「疑う」こと。たとえ作家の意図な言い回しだと思ったとしても、疑問が残るものは勇気を持って鉛筆で指摘を書き込む。出版において校正という仕事がいかに大切か。これから本を読むときは感謝して読みたいと思う。2022/12/09

夜長月🌙

98
校正家の牟田さんが校正・校閲の実際をリアルに語っています。具体的な正した例や迷った例を挙げていて校正の奥深さを知ることができます。例えば「聴こえる」。ケースバイケースで「聞こえる」と「聴こえる」は使い分けしそうですが辞書には「聴こえる」は誤用とあります。「聴く」はOKですが「聴こえる」はないのです。そして校正の難しさは誤植の無い100点満点が基本というところにあります。つまり、最低ラインが100点なのです。校正は「常に失敗している仕事」です。2022/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20048553
  • ご注意事項