傷つきやすいのに刺激を求める人たち

個数:1
紙書籍版価格
¥2,090
  • 電子書籍

傷つきやすいのに刺激を求める人たち

  • ISBN:9784866801919

ファイル: /

内容説明

■「かくれ繊細さん」の生きづらさを解消する

HSP(Highly Sensitive Person=感受性が高いとても繊細な人)のうち、
HSS型と呼ばれる人たちは一見して「繊細さん」に見えません。
そんな人たちを「HSS型HSP=かくれ繊細さん」と呼ばれます。

本書はそんな「HSS型HSP」を知り尽くした最高権威によるバイブルです。
『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』(フォレスト出版)の著者・時田ひさ子さん監訳、
HSP研究の第一人者である精神科医・長沼睦雄さんを監修に迎えた待望の日本語訳!

本書ではHSS型HSPの性質を次のようにまとめています。

□大胆なのに繊細
□元気なのに傷つきやすい
□外交的でハイテンションなのにくよくよしやすい
□一人になると疲れて表情がなくなる
□笑いをとるが、いじられすぎると傷つく
□企画するのにプレッシャーに押しつぶされる
□のめり込んだらやめられないのに、あと一歩のところでやめてしまう
□完璧主義なのに極めたものがない
□飽きやすいのに未知への警戒心が強い
□同時進行するもやりかけのままになる

あなたにも当てはまりますか?

■HSS型HSPは、生きづらさの原因を探ろうとして、自分の性質を「神経発達症」「躁うつ病」
「パーソナリティ障害」「愛着障害」「アダルトチルドレン」「HSP」など、
さまざまな精神や心理の既成の概念に当てはめようとします。
それぞれにある程度は当てはまるところはあるものの、どれも何か「ぴったりこない」と感じることが多いのです。

クーパー博士は、HSS型HSPを均質化してまとめたり、
HSPとHSS型HSPをまったく別のものとして区別して議論することは避けています。

■両者には、過剰に刺激を受けては静かな場所に引きこもったり、一人で心身を回復させる時間を必要としたり、
些細なことに気づいて強い情動に突き動かされたり、豊かな内面を持ちながらも困難を経験するなど、共通点が多いからです。

そんな特徴をもつ自分を、「おかしい人」「変な人」「ズレた人」と卑下するのではなく、
「そうなんだ」「生まれもっているんだ」「脳のせいなんだ」と認めることができたなら、
「自分を変えよう」と努力するのではなく、「自分を大切にしよう」と思えるようになると思います。
(中略)
アーロン博士は、HSPの感覚過敏性を説明するのに、当時の最先端の脳の情報処理理論だけではなく、
カール・G・ユングの潜在意識や超心理学的な視点をも取り入れた独自の概念を20年の研究の中で築き上げました。

その後、HSPやHSSには新たな科学的証拠や理論が登場し、新しく解釈される部分が出てきていますが、
クーパー博士が書かれた本書は、アーロン博士の書かれた豊富で広範囲な内容を十分に温存しながら、
新たな理論や議論を付け加えており、その内容の充実は、
次世代にむけた新時代のHSP本と言っても過言ではないように私には思えます。
「監修者あとがき」より

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Take@磨穿鉄靴

32
HSS(刺激追及性)HSP(感受性が強く繊細)。読めば読むほどとある人物と重なった。該当者のヒアリングやデータを通して時折まとめを挟んで進む形式。何か大きな結論へ導こうとするわけではなく淡々とデータの提示が進む。切なくなるくらいに当てはまったのは自分だった。過去7.8年で5.6本骨折ったり精神的にまいって皮膚科に行っても原因不明な乾癬がでたり。そうなんだなと思った。でもみんな多かれ少なかれ同じ。微分と同じ。広い視野に立てばみんな同じ。特別なことは何もない。★★☆☆☆2022/10/19

呑司 ゛クリケット“苅岡

5
この著作を読んでいて何故か横山やすしを思い出した。彼がHSSやHSPかどうかは知らないけれど、繊細さを隠すために無茶を通しているようにしか見えないのだ。感情の操作方法を誰かが教えていたら今も活躍していたに違いないと思う。そして、自身を考えてみると、彼のように極度の寂しがり屋でもなく、その寂しさをを誤魔化そうと無茶をする訳ではないが、彼の気持ちが分かり過ぎるぐらい分かるので、少なくとも彼と同類項のの部分はあるはずだ。自身を好きになることとポジティブな方向を向くことで世の荒波を乗り越えて来た自身が愛しい。2022/09/17

Keiko

4
私はHSS型HSPっぽい気がしますが、個を尊重する時代に何かに分類する必要はあるのかな?と思う今日この頃です。でも、この本で『私はこれだったのか!』と救われる人もいるので、人それぞれなのかな。あと、この本は長過ぎるし、読みづらく、大事な箇所がよく分からなかった。タイトルと内容が思い描いていたのと違ってました。英語版を翻訳し、かつ日本人考察が章中にいきなり現れるためです。ザ翻訳してます的な日本語文と日本人が書いたキレイな日本語が入り交じっています。各章末に大事な部分が要約されています。原書で読みたいですね2023/05/04

K

4
自分がHSS型HSPであるならば、それは人間の集団の中で必要な役割なんだと受け入れる。 新しいものを求めることや、危険の感受性が高いことは、役に立つこともある。 文字の量が多く、直訳風なところもあってかなり読みづらかった。気軽には読めないけど、情報はたくさん入っている。2022/10/30

naOh

2
少し内容は難しいがHSS型HSPの特性がわかる本。 仕事に関する部分には共感した。 2022/10/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19954067
  • ご注意事項