Nursery Rhymes of Mother Goose マザーグースの唄

個数:1
紙書籍版価格
¥990
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

Nursery Rhymes of Mother Goose マザーグースの唄

  • 著者名:寺沢美紀【編集】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • IBCパブリッシング(2022/07発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794601407

ファイル: /

内容説明

シェイクスピアが生きていた時代の子供たちが歌ったり語ったりした童謡を、現代の子供たちもおぼえ口ずさんでいるなんて、なんてすてきなことでしょう。英語文化圏で育った子供なら誰でも知っているマザーグースの童謡から、日本でもよく知られる49篇をまとめました。それぞれの童謡には、その詩のいわれや背景が分かりやすい英語で解説されています。古い童謡も巻末のワードリストがあるから安心して読み進められます。ぜひ大好きな一篇を見つけて、口ずさんでみてください。
※書籍版にある巻末のワードリストは電子版には付属しません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アノニマス

8
「だれが駒鳥殺したの?」「6ペンスの歌」など聞いたことはあるけど全部は知らないくらいのわりと有名な唄が多かった。マザーグースが様々なフィクションに引用されているので「パタリロ!」「ゴッドチャイルド」で読んだことがありテンションが上がった。コラムが充実していて実在の事件や人物がモデルになっていることや英語圏でどのように歌われているのかを知ることが出来てもっと読みたかったな。続編が出版されてほしい。2024/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4769185
  • ご注意事項