新型コロナウイルスが人間社会へ残した禍根 - 渦中に見いだされたセレンディピティとコロナ世代の可

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • 電子書籍

新型コロナウイルスが人間社会へ残した禍根 - 渦中に見いだされたセレンディピティとコロナ世代の可

  • ISBN:9784866921518

ファイル: /

内容説明

新型コロナウイルスによる世界的パンデミックが起きた。ワクチン接種を終えても再度感染者が増加する等で収束はまだ見えない。しかし、「禍福は糾える縄の如し」である。本書は、危機を好機に転じる未来への一助を示す。

目次

第1章 新型コロナウイルスが人間社会へ残した禍根とコロナ世代の誕生  
第2章 ポストコロナ社会のコミュニケーションのリスクと可能性  第3章 コロナ禍におけるコミュニケーションと映像メディア  
第4章 コロナ禍の下で、大学生活を充実したものにするために─ 学生運動が盛んな時期に入学した一教員の回顧─ 
第5章 大きなコロナの禍の下で、教える・学ぶ
第6章 新型コロナウイルスと日本社会、そして改革の提言─ コロナ対策と劣化した社会の再編成を一つの動きとして行う―  第7章 禍福は糾える縄の如し