マゼラン雲

個数:1
紙書籍版価格
¥2,970
  • 電子書籍
  • Reader

マゼラン雲

  • ISBN:9784336071323

ファイル: /

内容説明

《私は、二百二十七名の一員として、太陽系の外を目指し、地球を発った。計画した目的を果たし、旅が始まって十年目の今、我々はこれから帰還の途に就く》32世紀。高度な科学技術的発展を成し遂げ、内太陽系をも生活圏とした人類は、その能力と野心を一層満たすために、ついに史上初の太陽系外有人探査計画に着手、地球に最も近い恒星であるケンタウルス座α星へ向かう決定を下した。そんな時代に、グリーンランドの小都市で医師の家庭に生まれた少年は、成長期の体験から宇宙航海士になることを決意、この有人探査計画を聞きつけると、遠征隊の審査試験に合格するために研鑽を重ね、晴れて巨大探査船ゲア号に搭乗する選りすぐりの遠征隊員の一員となる。そして迎えた出発の日、宇宙空間をゆっくりと動き出したゲア号は、次第に速度を増し、遥かなる未知の空間へと踏み出していった。暗黒の真空を突き進む旅路の果てにはいったい何が待ち受けているのであろうか?――レムが晩年まで、ポーランド国内での再版と外国語への新たな翻訳を拒み続けた幻の長篇がついに邦訳なる。映画『イカリエ-XB1』原作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

73
ほぼ半月を費やした。レム作品ということでやや構えた感がある。「レムの幻の長篇がついに邦訳なる」となれば、猶更。レム本人は翻訳されることを嫌ったという。実際には、翻訳はされたが、旧共産圏諸国に限ってのこと。レムは、生活費を稼ぐために、当時の共産主義イデオロギーに反しないよう、用心深く記述したようだ。2022/09/20

はにまる

4
レムが今まで翻訳を拒否していた幻の一冊。共産主義の支配のもとに書かれた精一杯のSFという印象で、社会主義リアリズムとはこういうことかと理解。他のレムの作品に比べると、人智を超えた存在が描かれることもなく、人間の知性に対して楽観的だ。ただ書物の未来考察はいかにもレム。書物の増大の結果「目録の目録や書誌学の書誌学」が生まれ続け、その果てに登場したのが、人々が書物の所有から解放されトリオン図書館にネットワークでアクセスするという、共産主義的ユートピア。Kindleで本書を読んでいると、なんとも微妙な気持ちになる2022/12/14

ケロたん

3
半分で挫折。 少年が医師になり宇宙船に乗るまでは、青春小説ぽく順調に読めたが、宇宙に飛び立ってからページが進まず。 レムなのに…2022/08/08

2n2n

0
時代は32世紀。地球から、ケンタウルス座α星への長い長い長い旅路。『ソラリス』との直接的な繋がりは無いが、なんとなく、本作は『ソラリス』の前日譚のような趣があるように思えた。つまり、本作では終盤に未知の異星人との相互理解の可能性が語られ、意思疎通の試みを継続すると描いている。一方の『ソラリス』は、ソラリスの海の解明のために人類は膨大な調査・研究を行ったものの何の成果も得られなかったという話である(; ・`ω・´)2024/03/17

Οὖτις

0
共産主義的ユートピアの記述はレムとしても無理があったのかもしれない。幻のままでも良かったかも。2023/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19545583
  • ご注意事項