Wuthering Heights 嵐が丘

個数:1
紙書籍版価格
¥1,100
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

Wuthering Heights 嵐が丘

  • 著者名:エミリー・ブロンテ【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • IBCパブリッシング(2022/04発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794600400

ファイル: /

内容説明

アーンショー一族の住む屋敷「嵐が丘」を舞台に繰り広げられる、恐ろしい復讐の物語は、発表当時 (1847年) は不評だったが、20世紀に入り英文学屈指の三大悲劇とまで評された。エミリー・ブロンテの生涯唯一の長編小説は、数度にわたり映画化され、長く読み継がれている。この物語はこの地方に移り住んだ「ぼく(ロックウッド)」が、嵐が丘の家政婦だったネリーから話を聞くかたちで進む。アーンショー家に孤児のヒースクリフが引き取られてきたことから、ヒンドリーとキャサリン兄妹との確執が始まる…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

orange21

3
悲劇っていうか、なんなのという感じがある。ヒースクリフという人がひどすぎるというだけみたいな、ちょっとマゾっけのある話っぽい感じがするけど、ちゃんと訳で読んだらまた違った感じがするんでしょうかね。2020/11/01

Yuzu

1
あまりに悲惨なストーリーで読むのに時間がかかったー2020/03/11

ハム太郎

0
ヒースクリフの執念はんぱない。2013/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/635966
  • ご注意事項