詳解 国際知的財産法 - TRIPs 協定解釈と加盟国実施

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,960
  • 電子書籍

詳解 国際知的財産法 - TRIPs 協定解釈と加盟国実施

  • ISBN:9784766428018

ファイル: /

内容説明

▼知財に必須のTRIPsを理解する!
▼TRIPs 協定の逐条解釈。
▼主要加盟国における国内法的な実施法律も詳説。
▼弁理士・弁護士、企業官公庁実務家の渉外特許実務に必携のテキスト。

知的所有権の貿易関連の側面に関する協定,TRIPs。
総則,特許,反競争,意匠,商標,著作権などの各条項の解釈,また各国における国内の実施状況について解説するテキスト!
最新のTRIPs 状況と各国の法制を紹介・解説しながら、詳細にTRIPs の逐条解説を行う。

目次

第1章 序論――TRIPs協定と諸条約
1.1 TRIPs 協定の概要/1.2 TRIPs 協定成立の経緯/1.3 TRIPs 協定に先立つ諸条約/
1.4 TRIPs 協定の基本的性格:目的と原則

 第2章 総則
2.1 協定の実施義務およびミニマム・スタンダードの原則 /2.2 パリ条約プラス・アプロー
チ/2.3 内国民待遇/2.4 最恵国待遇/2.5 待遇の例外/2.6 消尽/2.7 その他一般
原則等

 第3章 特許
3.1 特許要件/3.2 新規性および進歩性 /3.3 産業上の利用可能性 /3.4 すべての技術
分野の発明(技術非差別の原則) /3.5 特許除外発明に係る原則 /3.6 特許除外発明に係
る列挙/3.7 特許権により与えられる権利 /3.8 与えられる権利の例外/3.9 特許発明の
開示 /3.10 強制ライセンス(特許発明の他の使用)/3.11 第31条の2および附属書の創設
改正/3.12 権利の取り消し等/3.13 保護期間/3.14 方法の特許の立証責任

 第4章 契約による実施許諾等における反競争的行為の規制
4.1 概略/4.2 大陸法圏における実施状況:日本国法/4.3 EU法における実施状況

 第5章 意匠・商標・地理的表示・著作権・回路配置・非開示情報
5.1 意匠 /5.2 商標/5.3 地理的表示 /5.4 著作権/5.5 集積回路の配置/5.6 開示されていない情報の保護

 第6章 知的所有権の行使
6.1 一般的義務/6.2 民事上及び行政上の手続き及び救済措置/6.3 暫定措置/6.4 国境措置に関する特別の要件/6.5 刑事上の手続き

 第7章 その他の諸規定
7.1 知的所有権の取得及び維持並びにこれらに関連する当事者間手続/7.2 紛争の防止及び解決/7.3 経過措置/7.4 制度上の措置及び最終規定/7.5 附属書


参考資料
 参考資料A:知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPs協定)[英文]
 参考資料B:2005年TRIPs協定改正[英文]
 参考資料C:WTO閣僚会議ドーハ宣言[英文]
 参考資料D:パリ条約[英文]

参考文献

索引