SMART COMICS<br> 走れメロス【タテヨミ】

個数:1
  • 電子書籍

SMART COMICS
走れメロス【タテヨミ】


ファイル: /

内容説明

短編小説『走れメロス』は昭和15(1940)年、太宰治が31歳の時に発表した作品です。
太宰はユーモアに富んだものからダークなものまでさまざまな作品を生み出しましたが、中でも『走れメロス』は愛と友情を描いた清々しい物語です。
羊飼いの青年メロスは、妹の婚礼が近づいたため町まで花嫁衣装を買いに行きました。その際、町の人から「王様が人間不信に陥り、人々を虐殺している」という話を聞きます。正義感の強いメロスは、王を暗殺しようと決意。城に侵入しますが捕まり、死刑を宣告されました。
しかしメロスは、処刑される前に妹に結婚式を挙げさせたいと懇願し、3日間の猶予をもらいます。その間の人質は、メロスの親友です。
メロスは3日後の日没までに必ず帰ってくると友に約束し、一睡もせずひたすら駆けていきました。