新潮文庫<br> ブラッディ・ファミリー―警視庁人事一課監察係 黒滝誠治―(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥781
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
ブラッディ・ファミリー―警視庁人事一課監察係 黒滝誠治―(新潮文庫)

  • 著者名:深町秋生【著】
  • 価格 ¥781(本体¥710)
  • 新潮社(2022/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101209722

ファイル: /

内容説明

女性刑事が命を絶った。彼女を死に追いつめたのは、伊豆倉陽一。問題を起こし続ける不良警官だ。そして、陽一の父、伊豆倉知憲は警察庁長官の座を約束されたエリートだった。愚直なまでに正義を貫く相馬美貴警視と、非合法な手段を辞さぬ“ドッグ・メーカー”黒滝誠治警部補。ふたりは監察として日本警察最大の禁忌に足を踏み入れてゆく。父と息子の血塗られた絆を描く、傑作警察小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

276
力量のある作家のシリーズ物なので、筆力頼りでも一定以上の面白さは担保されており、実際に読んでいる最中はぐっと引き込まれもしたが、一旦、本を閉じて冷静になると、メインの事件自体がかなりしょうもない。警察の偉い人に、規格外の馬鹿息子がいたというだけの話。白幡が前面に出てきたことで、黒滝の存在感もかなり薄れてしまい、冒頭で自己紹介的に、ドッグメーカーたる所以を見せるものの、それ以降は、その設定がほとんど活かされなかった。前作がなかなか規模感も大きく、凝った作りであっただけに、このスケールダウンはちょっと残念。2022/05/18

いつでも母さん

161
待っていたのよ黒滝誠治!前作のストーリーは忘れているけれど、黒滝は忘れられない。美貴や白幡、勿論もう一人井筒もだ。今回は次期警察庁長官の座を約束されている伊豆倉のバカ息子の顛末。だがそこには伊豆倉家族の闇が孕んで、公安との駆け引きだった。インパクトは前作に及ばない感じもするが(もっとハラハラドキドキだったような気がする)そこは深町秋生だもの、やっぱり一気に読まされる。次回はもっと派手にお願いしたい。井筒の出番も増やしてね(笑)2022/05/24

タイ子

91
前作に次いで面白い!警察内部のゴミどもの所業はムカついたけど、それ以上に不良警官・黒滝、上司の相馬美貴の監察官としての矜持を全うする姿にスカッとする。あぶない刑事じゃないんだからピストルを撃ちまくるってどうよ。今回は警察庁No.2の父親をかさに着て何でも許されると大きな勘違いをしている公安の息子がやりたい放題なので、ここは監察がお灸をすえようと。何せ次期警察庁長官の父親に忖度する警察関係者を敵に回す黒滝たちは命を張りながらの証拠集め。息子の笑えるほどの悪行三昧。こんなヤツが警察官?!しっかりお仕置きを!2022/08/06

ずっきーーーん

86
黒滝、愛してるぅー!人の秘密を覗かずにいられない変態嗜好に加えて嗜虐趣味。善悪清濁併せ持つドS監察官。キャラは立ったとの判断なのか、前作のようなヒリヒリハラハラは抑え気味で、公安との真っ向勝負がスピーディーに展開。警察エンタメ部分が際立ってるけど、実は立派な社会派スリラーだと思う。『警官の道』に収録されてた短編のように、物語にきっちり内包されてるとこが好き。さあ、機は熟した。そろそろ深町全部載せみたいな太いのぶちかましてくださいな。ドン・ウィンズロウに迫ってくれるのは、深町氏だと密かに期待してるのだ。2022/05/28

はつばあば

49
幻の世界に居ようが過去の世界に浸っていようが絶対この本だけは読みたいと念じておりました(#^^#)。ドッグ・メーカーの続編。ほんと昔から官僚・政治家・警察官は悪の巣窟といっても過言ではない。しかも今だに女性蔑視社会。その中で悪なのか正義の味方なのかわからん男が白幡だ。力・権力を持つってことは自信過剰になって身の破滅を迎えるやもしれぬ。先の首相も畳の上で死ねなかった。韓国系宗教法人と縁を持つ政治家が多いと聞く。一般の人でなく元総理を殺めたからこそ宗教法人に注目が行った。この本の中ではマスコミの登場は無かった2022/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19615893

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。