新潮文庫<br> すごい言い訳!―漱石の冷や汗、太宰の大ウソ―(新潮文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
すごい言い訳!―漱石の冷や汗、太宰の大ウソ―(新潮文庫)

  • 著者名:中川越【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 新潮社(2022/04発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101326924

ファイル: /

内容説明

言い訳――窮地を脱するための説明で、自分をよく見せようとする心理が働くので、大方軽蔑の対象になる。しかし文豪たちにかかれば浅ましい言い訳も味わい深いものとなる。二股疑惑をかけられ必死に否定した芥川龍之介。手紙の失礼を体調のせいにしてお茶を濁した太宰治。納税額を誤魔化そうとした夏目漱石。浮気をなかった事にする林芙美子等、苦しく図々しい、その言い訳の奥義を学ぶ。(解説・郷原宏)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Apple

21
文豪たちだからといって、言い訳の手紙を書く上で特別な技術や卓越して気の利いた言い回しとかをしているわけではありませんでした。手紙の内容もさることながら、文豪と呼ばれる人たちは誰も彼も個性がとても強いなーと感じました。ときに素直に、ときにあからさまに、大胆不敵な申し開きをすることで、場合によっては相手を呆れさせてしまうくらい出来るといい(?)のかなと思いました。謝罪や弁解の技法について学べる本だという気もしますが、結局はベースの信頼関係が相手と築けていることが前提かな、とも思いました。2022/06/21

6
言い訳の域を超えた芸術作品だと思う。中原中也の「一人でカーニバルをやってた男」はすぐにでも実生活で使わせていただきます。この本に出てくるような、相手が思わず笑ってしまって何に怒ってたんだかわからなくなるような文章を書ければ、いざこざを引きずらなくて済むんだろうな。読みたいと思う本もたくさん見つかったので嬉しい。2022/05/15

natu

2
文豪の言い訳集。ものは言いよう。2022/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19615897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。