僕の狂ったフェミ彼女

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader

僕の狂ったフェミ彼女

  • ISBN:9784781620633

ファイル: /

内容説明

韓国でドラマ化・映画化決定!
初恋の人がフェミニストになった!?
「愛」も「権利」もゆずれない、2人の戦争のような恋愛が始まる。

主人公「僕」の視点で描かれる、フェミニストの彼女の姿。
そこには、今を生きる私たちの「現実」が詰まっている――。

本国では「『猟奇的な彼女』のフェミニストバージョン」といわれ、台湾版刊行時には「キム・ジヨンが結婚前にこの小説を読んでいたら人生が変わっていたかも」とキャッチコピーがつけられた、今をいきる、あなたのための物語。

<あらすじ>
就活を前に不安な僕を癒してくれた、愛らしい僕の彼女。毎日のようにベッタリで、付き合って1周年を迎えた。そんなとき僕は、1年間の海外インターンシップに行くことに。遠距離は不安だけど、彼女なら安心だ、待っていてくれるはず――。しかし、出国当日。空港にいたのは、涙ぐむ彼女を抱きしめる僕ではなく、別れのメールをもらってメンタルが崩壊した僕だった。
 そんな初恋を引きずりながら 大企業に就職し3年目を迎えた「僕」ことスンジュン。周囲はほとんど結婚して、「まだ独身なの?」とからかわれることも多い。結婚する女性を選ぶだけなのに、なかなか結婚への意欲がわかない。そんなある日、初恋の彼女と出くわした! 心がまた動き出す……ところが、彼女はこともあろうにフェミニストになっていた!


【目次】
プロローグ
1 偶然出会った君
2 いっそ現れないでほしかった
3 どうせ現れたなら
4 メガルの道理と百万ウォン
5 スタートはしたけれど
6 彼女は本当におかしい
7 週末のデート
8 家族のイベント
9 意外な事件
10 彼女の決断
11 僕のチャンス
12 計画通りに進んでる
13 結婚式場で
14 再び、光化門で
エピローグ

著者あとがき
日本の読者の皆さんへ
訳者あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちびbookworm

97
フェミニズムをテーマにした、韓国のラブコメ風小説。さすがドラマ・映画作家だけあって、スラスラと読める。だが、ストレスフルな恋愛小説なので、(男女ともに)覚悟した方がいい。◆韓国ほど、過激なフェミニズム運動や社会事件(「フェミサイド(女性嫌悪殺人)」=アンチフェミとの対立)なども日本にはないだろうとはいえ、問題提起されてる根っこのところはほぼ同じだ。◆恋愛時のふとした言動、育児、家事、結婚観や職場の役割etcまだまだ日本は「途上」だと思うので、この本は周りを見渡し、省みて、考えるきっかけになると思う。2023/05/29

よつば🍀

93
四年ぶりに再会した彼女はメガルになって僕の前に現れた。(メガルとはフェミニストを一括りにして揶揄する呼称)本作は全編を通して「僕」ことキム・スンジュンの視点で描かれる。なんの疑問も持たず、いわゆる普通に交際し結婚したい僕と、非婚主義者でフェミニストの彼女は事あるごとにぶつかってしまう。彼女の言動は時に過激で極端に見えるけれど、言っている事は核心を衝いている。男も女も互いを認め尊重し合い、皆が自分らしく伸びやかに生きられる社会が実現して欲しいと思う。「少なくとも私は変わるはず」彼女の力強い声に希望を感じる。2022/10/13

☆よいこ

86
韓国恋愛小説。キム・スンジュンは1年間のアメリカ留学を彼女に反対されたが、それでも渡米すると決めた。彼女は激怒し一方的に別れを告げ去っていった。数年経ち、スンジュンは会社勤めは順調で友人も豊富、そろそろいい人を見つけて結婚しろと両親から圧を受ける。だけど4年前に別れた彼女のことが忘れられない。偶然再会した彼女は、ごりごりのフェミニストになっていた▽お互いに好きなのは間違いないのに絶対に埋まらない溝「こんなに良い彼氏の僕が~」p279。奴隷制にもあった「私は良い所有者だ」的意識は無くならない。2022.3刊2024/01/14

70
えーと。。。この本に描かれている韓国人男性達って、今の韓国でもこういう人が多いワケ?やたらと適齢期の結婚に拘っていたり、女性はこうであるべきだとか、まるで戦前の日本かまたはそれ以前の時代のあまりにも古い固定観念に縛られ過ぎてて、はっきり言うと嫌悪感しかないんですど。。。私が想像していたより韓国って女性蔑視が酷いんだね。元彼のキム・スンジュンも何だか頼りなくてナヨナヨしてて気持ち悪いし。。。私だったらキム・スンジュンみたいなタイプは即さよーならーだけどね。と、言うのもダメかな?w2023/01/23

たまきら

63
「世の中が私をフェミニストにするんだよ」という多分、彼女の人生全てを総括したのであろう血を吐くような言葉に主人公男子が言うのは「わあ、やべ!」…わきまえない元カノに振り回されつつもまた恋人同士になろうとする彼も、ひどいセクハラを受けながらも仕事に専念する彼女も、痛くて、すごくリアル。こうしてまた一人、聡明なアジア人女性が社会のシステムからはじき出される。すごくリアル。笑いながらも辛かった。2023/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19266176
  • ご注意事項