文春新書<br> 迷わない。完全版 107歳の母を看取って

個数:1
紙書籍版価格
¥935
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
迷わない。完全版 107歳の母を看取って

  • 著者名:櫻井よしこ【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 文藝春秋(2022/02発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784166613519

ファイル: /

内容説明

12年半の母の介護が私の人生に新たな意味を与えてくれた!
波乱万丈の半生をもとに「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「老後とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の諸問題を語る。

晩年の母との暮らしが
人生を豊かにしてくれた

ある日、突然気づいた。母は「病人」ではない。
私が母を世話するのではなく、母が私を見守っている、と。

「決断の時、必ず道は開ける、夢は必ず実現する、と迷わない。」
――これが母から学んだ私の信念です

・母の愛情に包まれた少女時代
・18歳で単身ハワイに渡航
・父との葛藤と勘当
・異国の地で味わった無一文の苦しみ
・赤字続きの駆け出しフリー記者
・離婚の痛手をどう癒したか
・大組織に突きつけた人事要求
・16年でキャスター降板の真相
・12年半にわたる母の介護

波乱万丈の半生をもとに、「仕事とは」「家族とは」「お金とは」「健康とは」「死とは」……誰もが避けられない人生の難問について語ったベストセラー。12年半にわたる介護を経て、107歳の母を看取った後に増補改訂した完全版。


※本書は2013年12月に文藝春秋より刊行された文春新書『迷わない』を増補改訂した完全版です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

beirain

1
なんかあまりにも言う事がきれいで新興宗教の広報誌を読んでるみたいだった。 それと断言するような語尾が多い事から、この人かなり規範意識が強くて自分に言い聞かせてるのかな、と感じた。 実母を崇拝に近い感覚で慕っているところとか普段は割と精神的に苦しい状況で生きているのではなかろうか。 精神的な歪みを強く感じた一冊。 もう読むことは無いだろう。2022/05/05

神谷孝信

0
著者の人生の振り返りで、著名人はこういった形で自分の伝記が書けるものなのだ、と再認識した。32022/05/23

Biofeedback1961

0
「今日の出来事」 日本テレビ系のニュース番組だった。 NNN と言っていたなあ。 國弘正雄との掛け合いは面白かった。双方ともニュースに解説するのだが、意見が合致せず、國弘が「見解の相違ですね」と締めて番組が終わり、兄などは、見解の相違やて!と喜んでいたことを思い出した。 https://amzn.to/3CfvsSy2022/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19301274
  • ご注意事項