オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資 ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた!

個数:1
紙書籍版価格
¥1,650
  • 電子書籍
  • Reader

オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資 ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた!

  • 著者名:長期株式投資【著者】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • KADOKAWA(2022/02発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784046055477

ファイル: /

内容説明

日本株の配当投資専門の現役サラリーマン投資家による初の著者。
これまで株式投資を行った経験のない初心者でも、長期配当投資のノウハウを学び、実践できるようになる1冊。
配当投信の特徴は3つ。

・保有するだけなので、ど素人でもできる
・売買の必要がないため、忙しい人に最適
・その代わり1年で「億」とかはムリ。ゆっくりお金持ちになる方法

資産ゼロから始めて、年間配当200万円超(税引き後の手取り)を享受している技術や著者の保有銘柄を全公開!
ダブルで課税される米国株で配当投資をする必要はありますか?

【目次】
第1章 市場にフルボッコされつつ、年間配当200万円超になるまで
第2章 リスク回避率を10倍上げる「3つの投資指標」
第3章 「長期保有に適した銘柄」をサクッと見抜く12ヵ条
第4章 否応なく投資を継続できる「仕組み作り」8つの掟
第5章 暴落を「数値化」してピンチをチャンスに変える技術
第6章 18年投資をしてたどりついた「死ぬまで持ちたい銘柄17」
第7章 もしも私が今、ゼロから配当投資をスタートするなら
第8章 最強の投資メンタルを作る「投資賢者の名言」
特別付録 ケース別で役立つ「至高の投資書籍10冊」

◎配当投資のプロが米国株より日本株を選ぶ「数字的な根拠」とは?
◎日本株ほどウマミのある投資先はない
◎「減配」について過去5年はチェック
◎「EPS」も過去5年はチェック
◎PERの「値幅」から儲かるタイミングを計る
◎「バリュートラップ」のカンタンな回避法
◎「儲かるセクター」の代表格は?
◎「ナンバーワン」「オンリーワン」の会社の見抜き方
◎暴落時に役立つ「安全域」を確保する

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

168
株式投資の基礎から勉強になった。コツコツと積み上げるしかないよなぁ。著者は日本株推しで周りが米国株で流行ってるとしているが、今は円安すぎて逆に米国株は割高だよなとも思い、時流の変化が激しいな。2022/04/19

ツン

83
無茶苦茶簡単に読める(笑)一株から始める配当投資、いいかも2022/09/11

よしたけ

40
日本株個別投資の指南書。「安いと思って投資したけど、実は安くなかった」を避けるため、業績安定株を推奨。配当安定銘柄=連続増配、EPS安定銘柄←PERは過去5年平均、自社株買い積極企業は株主還元積極的、ヘルスケア/トイレタリー/エネルギー等は利幅が大きい、トップ/オンリーワン企業への投資を検討しよう等。米株バブルにも警鐘ならし、GAFAM時価1000兆円に対し東証1部時価800兆円を引き合いに出した点は興味深かった。また暴落に備える知識として、「歴史上PBR0.8倍程度が下限」という事実は参考になった。2023/12/19

Daisuke Oyamada

31
 日本株式市場にも上がり続ける株がある。配当を出し続け、自社株を買い増し、加えて株主優待。株主の価値向上に特化する企業。そんな誰もが知る17銘柄を持ち続けてください。そんな教えを指南する本書です。  どんだけ金を持っていれば、そんなことが出来るのか。そんなことを思う。株価が¥1,000なので¥1,000で買えるわけではない。株には「単位株」といって、通常売買できる単位が決まっていて・・・ https://190dai.com/2024/03/22/オートモードで月に18-5万円が入ってくる「高配当/2024/03/21

15
KU ●投資配分は50%を株価指数に連動したインデックス、その余りを高配当、多国籍企業、医療品セクター、生活必需品、業績に対して割安な銘柄で投資 ●PERは15倍程度が適正、慣れるまでは10倍以下が割安、20倍以上は割高のイメージ ●5年間減配がないか ●PER✖️PBR が22.5を下回ると割安 ●EPSが増加傾向だとビジネス順調。減少傾向だと配当余力もなくなりがちなので投資は避けた方が無難 ▷まずはPERだけみていこう2023/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19149519
  • ご注意事項