Mガールズ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

Mガールズ

  • 著者名:濱野京子
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 静山社(2021/11発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784863896062

ファイル: /

内容説明

20XX年。COVID-19は終息したものの、新たなウイルスが猛威をふるっていた。動画サイトで見たストリートダンスにハマった小学六年生のミリとメイは、ユニットメンバーを募集する。集まったのは年齢こそ同じだが、住む「エリア」もダンスの経験値も不ぞろいの少女たち。会えるのはタブレットの中でだけ――。新型ウイルスがはびこるいま、その少し先の未来、わたしたちの日常はどう変わっていくのか、変わらずに何が残るのか。ダンスをきっかけに、オンラインでつながった少女たちの目線で描く、近未来小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ayunami

10
コロナウイルスが終息した後も何回か別のウイルスが流行し、人々は今よりも行動制限をされている世界。オンラインで仲間を募ってダンスをする小学生たちの積極性が素晴らしいです。作者の未来への不安と希望が伝わります。2021/03/29

けいねこ

7
新型コロナは収束したけれど、また別な感染症のパンデミックが起きている未来の物語。ダンス好きな小学生の女の子を主人公に、感染症とともに貧困の問題も取り込んで、主人公たちの成長を描く。少女たちのまっすぐさが心地よい。2021/04/08

shoko.m

4
Covid-19後、新たな感染症対策のため様々な行動制限が行われている。6年生の少女、ミリは仲良しの愛依とダンスユニットを結成し、オンラインで集まったさらに3人の少女たちとダンスという絆でつながってゆく。感染症に苦しめられつつ、希望を見出す女の子たちがまぶしい。感染症はもちろん、格差社会、家族の悩み、災害、考え方の差異など、さまざまなテーマがちりばめられていて興味深い。この時代大人も苦しいが、今後長く影響を受けたであろう子どもたちのための、今まさにという作品。2021/10/23

すかいふらわぁ

2
新型コロナから、20年くらいたった近未来の日本。また新たなウイルスが発生していた。感染症対策のために徹底的に管理された社会。貧富の差も激しい。そんな時代にダンスに情熱を燃やす小学生ミリ。オンラインで仲間を募って、ダンスユニットを結成します。家族の感染、姉の恋、クラスメイト、ゲンとのやりとり。ミリは社会のいろんなことを見聞きしながら、ユニットMガールズで舞台に立つことになるのです。未来のこと、夢のこと、考えさせられる作品でした。読後感がよかったです。未来について私も考えます。2021/04/21

tekka

2
よくある青春モノかと思いきや、新型ウイルスのせいで手足を縛られた状態の若者たちが、それでも前に突き進んでいくという、ややハードな物語だった。作中、さらっと怖いことが書かれているが、それがスパイスとして効いている。2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17232097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。