BCGが読む経営の論点2022

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

BCGが読む経営の論点2022

  • ISBN:9784296000470

ファイル: /

内容説明

サステナビリティへの対応、高まる地政学リスク、
コロナで変わった消費動向……
2022年のビジネスの成否を分ける重要論点を、
トップコンサルタントが解説!

翌年の経営・ビジネスを考えるために重要な変化を、世界有数の戦略コンサルファームであるボストン コンサルティング グループのコンサルタントたちが解説する、好評書籍の最新版。

第1部では、ビジネス全体に影響を与えるメガトレンドについて、その本質を紹介。
第2部では、製造業、小売業、通信、金融、ヘルスケアなど、産業別にどのような対応をするべきかを取り上げる。

目次

Part1 2022年のパラダイムシフト
-1 2022年以降の世界を読み解く2つのポイント
-2 日本企業がとるべき戦略的アクション

Part2 業界別・2022年の論点
-3 製造業(産業財):新たな流れの中で価値を生む2つの取り組み
-4 製造業(消費財):「1つの地球に2つの世界」で変わる競争
-5 小売:新興勢力との差別化で勝利するカギ
-6 通信:十数年に一度の変曲点で変わるビジネス
-7 金融(銀行・保険):逆風にさらされる既存プレイヤーにもチャンスあり
-8 エネルギー:脱炭素化を機会としたポートフォリオの再構築
-9 自動車:急激に加速、複雑化する自動車産業の構造変化に応える
-10 ヘルスケア:露呈した「医療の歪み」、加速するヘルスケア改革
-11 プライベート・エクイティ:事業構造変革におけるPEファンドの活用・役割

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kim

3
毎年読んでいるBCGシリーズ。業界毎に考察がなされていて直面する環境変化と求められる取り組みがまとめられてます。 どの業界も変化のスピードや大きさが極めて大きいこと、また脱炭素にしてにアフターコロナにしてもビジネスモデルや存在意義に再定義、経営資源の優先順位付けに待ったなしな状況ですね。2021/12/30

Go Extreme

3
2022年のパラダイムシフト: 2つのポイント 日本企業・戦略的アクション 業界別・2022年の論点: 製造業(産業財):新たな流れの中で価値を生む2つの取り組み 製造業(消費財):1つの地球に2つの世界で変わる競争 小売:新興勢力との差別化で勝利するカギ 通信:十数年に一度の変曲点で変わるビジネス 金融:逆風にさらされる既存プレイヤーにもチャンスあり エネルギー:脱炭素化を機会としたポートフォリオの再構築 自動車:複雑化する自動車産業の構造変化に応える ヘルスケア:医療の歪み、加速するヘルスケア改革2021/12/30

buntan k

1
社会価値、パーパス重視、先が読めないことを前提とした経営2021/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18839610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。