それでも君は医者になるのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

それでも君は医者になるのか

  • 著者名:中山祐次郎【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2021/11発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296110896

ファイル: /

内容説明

今、医者になる意義とは? やりがいとは? 読めば胸が熱くなる一冊!

本書は現役の外科医で小説家でもある中山祐次郎さんが、大きな変革期を迎えている医療の世界の実像をリアルに、そして熱く描き出す一冊です。
コロナ禍では、医療従事者とりわけ「医師」に対する注目度が増し、日米では大学医学部の志望者が増えています。
今、医者になる意義とは何か。そのやりがいとは、患者の命を救うとはどのようなことか。
現役医師だからこそわかる「リアル」を余すところなくお伝えいたします。

目次

はじめに
序章  コロナは何を変え、何を変えなかったか
    コロナ禍、ある外科医の奮闘
第1章 医者だって人の死に慣れない
    A先生の訃報
    「先生、手術も抗がん剤ももういいよ」 ほか
第2章 それでも医者は判断する
    機内のドクターコールに応じたときの話
    何歳までがんの手術を受けますか? ほか
第3章 医者の働き方
    徹夜明けの外科医に手術されるの、嫌ですか?
    診療報酬が増えると医者の給料は増えるのか? ほか
第4章 医者とキャリア
    37歳の外科医がメスを置いた理由
    医者の肩書にある「専門医」って? ほか
第5章 医者のプライベート
    医者の子育て、意外なスキルが役立つ
    男性医師と女性医師で異なる婚活事情
第6章 福島で考える
    原発から22km 、私が高野病院に来た理由
    ぎっくり腰になりかけた院長初日 ほか
第7章 外科医が語るがん治療
    専門家が語る、がんの治療戦略
    2人に1人ががんにかかる時代の最新治療 ほか
終章  医者に幸福感をもたらすもの
    私が皆さんに医者を目指してほしいと思う理由
おわりに

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とある内科医

24
同世代の外科医✖️小説家で、自分が一方的に親近感を感じている著者によるエッセイ集。 恥ずかしながら、医学部入学も国家試験もそれほど苦労した記憶がなく、何となく通り抜けたという感覚のため、その点では著者への共感は少ないのだが、臨床を中心に過ごしてきた医師としてのキャリアには共通するものが多い。その著者による働き方や臨床医の仕事についての語りを通して、自分も現場で考えてきたことが言語化され、整理されていく心地良さを感じた。 易しく書かれたがん治療や手術の解説も、初期研修から日が経った内科医には有難かった。2021/12/06

がりお

0
⭐️⭐️⭐️2022/01/04

あおちゃん

0
同じ医師として共感する部分が多かった。2021/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18961191

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。