日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy

  • 著者名:厚切りジェイソン【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • ぴあ(2021/11発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784835628509

ファイル: /

内容説明

お笑い芸人、そしてIT企業の役員として大活躍中の、厚切りジェイソン。
Twitterに寄せられた数々の悩みに、真摯に答えた内容が話題を呼び、フォロワー数は瞬く間に、なんと、23万人を突破!

人々をひきつけるSNS上の彼の言葉を抜粋し、さらにその解説をまとめた、厚切りジェイソン初の書籍です。

「なぜ勉強する必要があるの?」「努力は必ず報われるの?」「正直に生きてきたけど、ずるがしこさも必要?」など、日常の様々な疑問に対し、一刀両断で、厚切りジェイソンが回答。
日本人には、まさに目から鱗が落ちるポジティブな生き方や考え方に、明日へのヒントがもらえるはず!


第1章 仕事・学業 編:『正直に生きてきたけど、ずるがしこさも必要?』/『やりがいのない仕事から転職すべき?』/『なぜ勉強する必要がある?』など…

第2章 人間関係 編:『人とすぐに仲良くなれない』/『「どっちでもいい」ってあり?』/『生意気な後輩との付き合い方』/『上司が悲観的すぎる』など…

第3章 社会 編:『特技がない』/『会話が苦手だから人と話さない職業に就きたい』/『学生のうちにすべきこととは?』/『他人を信じられない』など…

第4章 夢 編:『夢を追って失敗したらと思うと怖くなる』/『安定した生活より、夢を追うほうが魅力的と思うことは正しい?』など…

第5章 哲学 編:『すべてのことから逃げたいし、つらい。何をするべき?』/『努力を継続させるために必要なことは?』/など…

第6章 人気ツイート集:『楽しくなければ、やるのがどんどん面倒くさくなる』/『人の目を気にしすぎ』/『一度きりの人生、ムダにしない』など…

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

117
サクサク一気に読了できる。読みやすい。日本人ではないから却って素直に頭に入るのかもしれない。至極ごもっともの内容であるし、気づきでもある。大学生・就活生・新社会人・上司の方々に一度読んでみては?と勧めたい。『円』・・確かに四角だぁ(笑)こんな日本を「大好き」と言ってくれるのが嬉しいな。「ただただ、やれよ!どうしてやらない」文句と言い訳ばかりの誰かに聞かせたい(汗)2016/03/02

徒花

108
まあまあ。芸人であり、ビジネスパーソンでもある著者が、さまざまなお悩みをバッサバサと切っていく一冊。アドバイスの内容は至極もっともなんだけど「それができりゃ苦労しないんだけどね」と思ってしまうこともしばしば。その意味で、あんまり質問してる人に寄り添っている感じはしないので、どのくらい参考になるかは読む人次第。2022/02/02

スパシーバ@日日是決戦

106
{2015年} 著者は大学卒業後大手企業に3年勤め、日本語が使える会社に転職してアメリカで1年働いたのち、日本法人の支社長として来日。のち大手企業に買収されたため、今の会社に転職。その後芸人もやってみたい、とお笑いの養成所に入学。そして2014年芸人としてデビュー。最近「人生相談」関連の本を読む機会が多いが偶然です(苦笑)。良し悪しは別として同じ競争社会と言えど、ある会社への就職が日本では(ゴール)、アメリカでは(スタート)の違いがハッキリと浮きぼりに。 2016/02/16

美登利

88
かなりシビアな本。ジェイソンさんが、優秀な会社役員だと知ってると、さもありなんと思える内容です。アメリカと日本の教育課程がこれほど違うのか!という驚きが私にはあります。そこから変えないと無理なのでは?と思うこともしばしばです。日本が好きで、いま日本の状態が悪化してるのを憂い、考え方を変えて実行しよう!と提案しています。前半部分は若者からの相談が多いために自分にはピンと来なかったけれど、「人気ツイート集」は納得。「起きた瞬間何考える?~」は本当にそうだなとしみじみ感じました。朝つぶを反省し、反映しよう!2016/05/20

☆ぉりん☆

64
いつ何きっかけで予約したのか忘れた。今すごく読みたい気分じゃないんだよなーと思いつつ読み出したらグイグイ響いてきた。「人生は一度きり!とことん楽しむ!」ってモットーだったはずなのに、最近すっかり忘れててハッとした。「わざわざストレスを実感しようとしている」っていうのも衝撃的。「ストレスはコントロールできないからしょうがない。このことについて考えること自体がムダ。悶々とする時間を自分の成長に投資したほうがよっぽど建設的」胸に刻みます。自分のためにやりたいことをやって自分の責任で幸せになります♡2016/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9955451

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。