この一冊でわかる世界経済の新常識2022

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

この一冊でわかる世界経済の新常識2022

  • ISBN:9784296000388

ファイル: /

内容説明

本格回復・成長の青写真をどう描くか?

ポストコロナを見据え、いま世界は出口戦略を描き始めています。しかし、コロナショックの傷も大きく、2022年の回復・成長度合いは国ごとにかなり差が出そうな見通しです。ますます目が離せない世界経済・日本経済の最新動向を、大和総研のトップ・エコノミストが明快に解説する決定版テキスト。シリーズ第7弾!

[米国] ポストコロナで問われる成長の持続力
[欧州] コロナ禍前の水準に達した後の道筋をどう描くか
[中国] 規制強化の嵐と大注目の2022年秋の党大会
[新興国] 出口戦略を探る中で浮かび上がる回復力の差
[インフレ懸念] 商品・資産価格高騰と過剰債務問題の行方
[日本] ポストコロナの過剰債務・長期停滞問題
[金融政策] 経済正常化と中央銀行の出口戦略
[脱炭素] 2050年カーボンニュートラル実現に向けた課題

本書では、大和総研の選りすぐりのエコノミストたちが、世界経済を理解するうえで必要な基礎知識を、やさしく、わかりやすく解説します。そして、これらの基礎知識を踏まえて、2022年以降の世界経済を多面的に展望・考察します。この一冊さえ読めば、世界経済に関する基礎知識を習得できると同時に、世界経済の展望が簡単に頭に入る構成になっています。

目次

第1章[米国経済]
ポストコロナで問われる成長の持続力
第2章[欧州経済]
コロナ禍前の水準に達した後の道筋をどう描くか
第3章[中国経済]
規制強化の嵐と大注目の2022年秋の党大会
第4章[新興国経済]
出口戦略を探る中で浮かび上がる回復力の差
第5章[日本経済1]
2022年も不確実性が大きい日本経済の先行き
第6章[日本経済2]
ポストコロナの過剰債務・長期停滞問題
第7章[金融政策]
経済正常化と中央銀行の出口戦略
第8章[インフレ懸念]
商品・資産価格高騰と過剰債務問題の行方
第9章[脱炭素]
2050年カーボンニュートラル実現に向けた課題

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hase45

2
★★★☆☆ 常識だけに新しい知識はなかったかな。2021/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18830174

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。