胃が合うふたり

個数:1
紙書籍版価格
¥1,760
  • 電子書籍
  • Reader

胃が合うふたり

  • ISBN:9784103341932

ファイル: /

内容説明

ストリップ鑑賞の厳選おやつ、銀座絶品パフェめぐり、コロナ禍に交わすご馳走便、人生を変えた日の中国茶、新居を温める具沢山スープ――胃が合う友と囲む食卓は、こんなにも豊かで甘やかだ。人気作家とカリスマ書店員が共にした11の食事から、それぞれの見た景色や人生の味わいまでも鮮やかに描き出す、風味絶佳のWエッセイ集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶち

110
裏表紙に描かれた2匹の猫。はて、この絵にはどんな意味があるのかしらと読み始めれば、冒頭に著者のお二人の言葉が。千早茜さんは「餌場が同じ野良猫……非常に胃が合う」。一方の新井見枝香さんは「モンプチでも猫まんまでも同じ勢いで頭を突っ込む猫……いい匂いがすれば見境がない」と。ストリップ鑑賞のおやつ、銀座パフェめぐり、コロナ禍に交わすご馳走便、人生を変えた日の中国茶....胃が合う友と囲む食はそれぞれが好きなように食べて、会話が適当になっても気にしない。野良猫の食事っぽい。そんな関係が面白くて、羨ましい。2022/06/12

Ikutan

93
千早さんの旺盛な食欲は知っていたけれど、いやぁ、新井さんの食べっぷりはそれ以上ですね。大雑把でマイペースな"新井どん"こと新井さん。神経が細やかで、こだわりがあって、メモ魔の"ちはやん"こと千早さん。性格は真逆だけど、美味しく食べることへの熱い思いは共通。パフェ巡りやストリップ観賞、スーパー銭湯。色々体験しつつそれぞれの思いを綴る。まあ、本当によく食べる!その食べっぷりには惚れ惚れ。何よりふたりの関係が凄く素敵で、羨ましい。新井どんが踊り子になってしまったのはびっくりだったな。檸檬さんのイラストも楽しい。2021/12/01

いたろう

88
千早さんのエッセイと思って手に取ったが、共著者である、カリスマ書店員でエッセイストの新井見枝香さんのことは、全然知らなかった。友人同士である千早さんと新井さんが、同じ題材で交互に書く、食に関する「胃の合うふたり」のエッセイだが、二人の食べっぷりのよいこと。そしてエッセイは、食に関することにとどまらず、二人の交遊関係、私生活に及んでいく。このエッセイの連載が進むうちに、千早さんは、京都から東京に引っ越しをし、新井さんは、ストリップ好きが高じて、アラフォーでストリッパー・デビューをしてしまう。何ともびっくり。2022/01/15

よつば🍀

83
「ちはやん」「新井どん」と互いを呼び合う新井見枝香さんと千早茜さん。胃袋のソウルメイトとも言える二人が、共に囲んだ11の食卓を往復書簡の様な形で綴ったエッセイ集。作家業一本に専念する千早さんと、書店員と踊り子とエッセイストを兼任する新井さん。繊細な千早さんと大らかな新井さん。知れば知る程、真逆な二人。でもいざ食を前にすると一気に心地良い空気が流れる。付かず離れずの程よい距離感。けれど互いの事はいつも頭の中にあって、思い遣りの気持ちがそれと分からないように感じられる。二人の関係性と食への弛まぬ貪欲さは憧れ。2021/12/22

りぃぃ

74
食の好みが合う人はいるけど、胃が合うって少ないかも!!性格が全く違うふたりが、さりげなく気遣いあいながら、貪欲に食べることを楽しんでいて羨ましい✨こんな友達欲しいな~2022/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18721363
  • ご注意事項