講談社文庫<br> ニッポン おみやげ紀行

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
ニッポン おみやげ紀行

  • ISBN:9784062739665

ファイル: /

内容説明

なぜ旅をするか? そこに土産があるから――「清浄歓喜団(京都)」「萩の月(仙台)」「闘牛饅頭(宇和島)」から「どえりゃーうまい珍味です。(名古屋)」「けがに姿せんべい(札幌)」「恋のフラメンコ(志摩)」に「西表山猫(石垣島)」まで、美味を求めて集めたおみやげ300点! マニア必見、旅好き必読、出張族のお父さん必携の、読んで食べて二度おいしい、諸国名物菓子ガイド。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinupon

36
全国(と言っても一部地域)のおみやげがずらり・・・・。このおみやげ買った買った。イラストもたくさんあり、楽しめました。2015/05/29

ホークス

33
1990年代に全国の土産菓子を食べて回った紀行。もったりした語りにマニア的拘りと捻りが入って面白い。違いが分かりにくい土産菓子を食べ比べ、「本家には遠く及ばない」「意外と本格的」「こうすれば面白くなる」とクールな様で結構素直なコメントを出す。興味が湧いたのは、京都の「楽石」(栗入り落雁)、仙台の「白松がモナカ」、金沢の白峰(クルミ甘露煮入り最中)等で我ながら趣味が渋い。鹿児島なら黒豚と言った名物推しに苦言を呈しながらもその名物を食べに行く、著者の屈折ぶりが可愛い。長崎カステラ行脚は確かにキツそうだ。2018/07/20

る*る*る

15
友だち本♪食いの本の読書が続いた〜この本は白黒でイラストは少々。でも、先に読書していた本たちがカラー本・写真多しだったので、活字だけでもサッと想像できる(#^.^#)仙台〈白松がモナカ〉は母の好物。工場見学希望♡ 長崎、カステラ行脚もしたい。そんなに試食攻めに?あれ⁈〈ひよ子〉は東京土産ではなく、博多⁈なの?博多駅、空港売店に週1〜2度出回るレアな〈大のひよ子〉ヒヨコ好きな友達に渡したい。「大、ありますか?」って通っぽく注文してね〜^_−☆2014/09/30

さっと

7
単行本は1999年刊。いまやこんなご時世でどこも大変でしょう。観光需要減で売り方ひとつとっても知恵を絞る時代、インパクト勝負のノリはもはや牧歌的なものに思えて涙が出そうになる。どこの観光地も再び悪ふざけできる明るく優しいウィズコロナの時代になってほしい。さて、関西と言ってもコテコテの大阪、ハイカラな神戸、優雅な京都とあらためてニッポンの地域の多様性に気づく。ロングセラーからニューホープまで意外と辛口批評で、著者個人の好みである「明治ミルクとの食べ合わせの良さ」も評価基準のひとつとなっている点もおもしろい。2021/07/12

7
著者が仕事や旅行で訪れた色々な県のお土産菓子を紹介した本。各章のページ数は多くはないけど、その中でもちょっとした観光名所とお菓子の雰囲気と味が簡潔にまとめられていて、その文章とイラストで想像が膨らむ。その土地ならではの地元菓子だけでなく、パッケージや名前には郷土色溢れながらも中身だけ見たらどこでも買える、いわゆる土産菓子も好んで紹介されている。お土産を買う為だけにどこかへ旅に出たくなる本。2016/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/432609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。