「なんで英語やるの?」の戦後史―《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,080
  • Kinoppy
  • Reader

「なんで英語やるの?」の戦後史―《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程

  • 著者名:寺沢拓敬【著】
  • 価格 ¥3,080(本体¥2,800)
  • 研究社(2021/08発売)
  • ポイント 28pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784327410889

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。

★教育社会学的手法による斬新な英語教育論

2002年まで「英語」という教科は必修教科ではなく、必要に応じて履修すればよい選択科目であった。それにもかかわらず、英語は事実上の必修教科として扱われてきた。
一体なぜそういう現象が起きたのかを検証しながら、国民教育としての英語教育の成立過程を分析する。
「なんで英語やるの?」を問い続けてきた日本の戦後史を教育社会学的手法によって浮き彫りにして、改めて国民教育としての英語教育の存在理由を問い直す。まったく新しいスタイルの英語教育論の登場!