双葉文庫<br> ほろよい読書

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
ほろよい読書

  • ISBN:9784575524895

ファイル: /

内容説明

今日も一日よく頑張った自分に、ごほうびの一杯を。酒好きな伯母の秘密をさぐる姪っ子、自宅での果実酒作りにはまる四十路のキャリアウーマン、実家の酒蔵を継ぐことに悩む一人娘、酒が原因で夫に出て行かれた妻、保育園の保護者達からオンライン飲み会に呼ばれたバーテンダー……。今をときめく5名の作家が「お酒」にまつわる人間ドラマを描いた、心うるおす短編小説集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

200
タイトルに惹かれて手にとったアンソロジー。ほろよいと読書があわせてタイトルにあるなんて、ステキすぎます。しかも、作家さん達もかなりのツワモノ揃いときてますし。五人の作家さんがそれぞれの個性をいかんなく発揮しており、中でもお気に入りはぶっちぎりで柚木さん作品です。とにかくタイトルから秀逸で、読んでて「なるほど!」と。原田さん作品もらしさ満点で、とにかくこの一冊を読んでると無性にお酒をのみたくなってしまう危険がありありです。さらりと読みながらも味わい深いステキな一冊との出会いに感謝ですし、何を飲もうかな。2021/11/17

あすなろ

153
題名のとおりほろ酔い気分で温かい気持ちとなるお酒が共通テーマのアンソロジー文庫。もっというと、日常のお酒を飲むシュチュエーションから描く、という方がより正確か。どれも良かったが、好みからは、額賀・原田氏作品が良かったかな。それに加えて別枠で、コロナ禍をこの共通テーマから切り取った感のある柚木氏の作品はなかなか秀逸。一読の価値あり。コロナ禍の一部分を鮮やかに切り取り、かつ、笑いと軽い涙を誘うのはコロナ禍を描いた作品で僕が読了した中では今のところ一番だと思ったのである。2021/08/22

ひさか

119
小説推理2021年1月号、額賀みお:醸造学科の宇一くん、原田ひ香:定食屋「雑」、2月号坂井希久子:初恋ソーダ、柚月麻子:barきりんぐみ、6月号織守きょうや:ショコラと秘密は彼女に香る、のお酒にまつわる5つの短編アンソロジー。ショコラ〜は話は理解できるものの展開が陳腐。他も共感できない話が多く、あまり楽しめなかった。初恋〜は雑誌掲載時に洵さんの素敵なイラストがあったのですが、文庫には収録が難しかったんですね。残念。2022/01/05

もぐたん

97
好きな作家さんばかりの、お酒にまつわるアンソロジー5話。洋酒を使ったお菓子が導く真実。果実酒から見えた未来。酒蔵の跡継ぎの惑い。定食屋で飲むお酒が見せるもう一つの世界。そして、オンライン飲み会を通した人との繋がりの温かさ。はずれがなくどれも満足、満足。それぞれに香り高く、まろやかで、少しほろ苦く、後味も良い極上の味わいでした。チビリチビリと好みのお酒を味わいながら読みたい一冊。★★★★☆2022/02/12

おくちゃん🎈柳緑花紅

92
電子版で登録しちゃったので、再登録。。レビューは電子版に😂2022/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18224882

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。