サメ映画大全

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

サメ映画大全

  • 著者名:知的風ハット
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 左右社(2021/07発売)
  • ポイント 20pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784865280340

ファイル: /

内容説明

人類史上ほぼ初、心に噛み跡を残すサメ映画ガイド! 読んだら最後、ヤツらからは逃れられない──。
モンスター・パニック作品に革新をもたらした金字塔『ジョーズ』以降、サメ映画は無限の可能性を追求してきた──サメの顎とタコの腕を持つ生物兵器『死神ジョーズ 戦慄の血しぶき』、恐怖のサメ人間映画 『海棲獣』、シャーク+オクトパス=『シャークトパス』、陸を泳いで襲い掛かる『ビーチ・シャーク』、多頭系シリーズの先駆け 『ダブルヘッド・ジョーズ』、トンデモ系サメ映画のイノベーション 『シャークネード』 etc……
人気映画系VTuber浅井ラムとしても活躍するサメ映画ライター知的風ハットが、あらすじや見所を徹底解説。日本未公開作含む100本以上を紹介!
◆目次
はじめに
サメ映画の定義

SHARK 1 1962~1980
幻のサメ映画 『チコと鮫』
いわく“『ジョーズ』より古いサメ映画” 『ザ・シャーク』
サメ映画の原点 『ジョーズ』
シャーク・ノワール 『地獄のジョーズ ‘87最後の復讐』
リラクゼーション・シャーク・ムービー 『タイガーシャーク』
本家『ジョーズ』の再来 『ジョーズ2』
『チコと鮫』のリメイク作品 『少年と鮫』
仄暗い海の底から 『ジュラシック・ジョーズ』

コラム “山のジョーズ”について

SHARK 2 1981~1990
イタリアン・ジョーズ 『ジョーズ・リターンズ』
飛び出す3D『ジョーズ』展 『ジョーズ3』
トンデモ系サメ映画のパイオニア 『死神ジョーズ 戦慄の血しぶき』
ジョーズ FINAL WARS 『ジョーズ’87 復讐篇』
『ジョーズ・アタック2』とは無関係のサメ映画 『死海からの脱出』
スタンド・バイ・シャーク 『ディープ・ブラッド 復讐のシャーク』

コラム 準サメ映画について

SHARK 3 1991~2000
廃材アートのサメ映画 『ジョーズ’96 虐殺篇』
サメ映画からの物体X 『プロテウス』
川の流れのように 『ジョーズ’98 激流篇』
恐怖のサメ人間映画 『海棲獣』
シャークアタック三部作の第一部 『シャークアタック』
初代『ジョーズ』に並ぶサメ映画 『ディープ・ブルー』
シャークアタック三部作の第二部 『ディープ・ライジング』

コラム 中国のサメ映画について

SHARK 4 2001~2010
復讐悲劇のサメ映画 『シャーク・ハンター』
シャークアタック三部作の第三部 『ディープ・ライジング コンクエスト』
カルカロクレス・メガロドン 『メガロドン』
プロレタリア・シャーキング・パニック! 『レッド・ウォーター サメ地獄』
無個性のサメ映画 『ディープシャーク』
オープン・ウォーターシリーズの一作目 『オープン・ウォーター』
ジョーズ・オリジン 『ジョーズ 恐怖の12日間』
サメ映画のアウトバーン 『ブルーサヴェージ』
UFO製サメ映画 『生体兵器アトミックジョーズ』
ボーイ・ミーツ・シャーク 『ブルーサヴェージ セカンドインパクト』
スペースシップと潜水艦のサメ映画 『インパクト』
沈黙のサメ映画 『キラー・シャーク 殺人鮫』
ランニングタイム164分のサメ映画 『凶悪海域 シャーク・スウォーム』
ヴェネツィアのサメ映画 『シャーク・イン・ベニス』
世にも珍しいミツクリザメ映画 『ジョーズ・イン・ツナミ』
純国産和風サメ映画 『ジョーズ・イン・ジャパン』
トンデモ系サメ映画のブレイクスルー 『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』
シャーク×ダイナソー=ディノシャーク 『ディノシャーク』
シャーク+オクトパス=シャークトパス 『シャークトパス』
『オープン・ウォーター』とは無関係のサメ映画 『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』
メガ・シャークの逆襲 『メガ・シャークVSクロコザウルス』

コラム 『ファインディング・ニモ』について

SHARK 5 2011~2020
スーパー・シャーク!! 『シャーク・アタック!!』
水陸両用のサメ映画 『ビーチ・シャーク』
沼地のサメ映画 『フライング・ジョーズ』
「その数、46種類」 『シャーク・ナイト』
雪山が舞台のサメ映画 『スノーシャーク 悪魔のフカヒレ』
一挙両得のサメ映画 『ダブルヘッド・ジョーズ』
スタイリッシュ・シャーク・ムービー 『パニック・マーケット3D』
時代錯誤の魔物 『ジュラシック・シャーク』
デス・ゲーム系サメ映画 『シャーク・ウィーク』
マカロニ野郎のニュージャージーサメ襲撃事件 『ジョーズ・リターン』
不死身のサメ映画 『アイス・ジョーズ』
ゴースト サメ映画の幻 『ゴースト・シャーク』
トンデモ系サメ映画のイノベーション 『シャークネード』
サメえいがチャンピオンまつり 『メガ・シャークVSメカ・シャーク』
プテロダクティルス+バラクーダ=プテラクーダ『シャークトパスVSプテラクーダ』
ナノスケールのサメ映画 『ピラニアシャーク』
ほか

目次

◆目次
はじめに
サメ映画の定義

SHARK 1 1962~1980
幻のサメ映画 『チコと鮫』
いわく“『ジョーズ』より古いサメ映画” 『ザ・シャーク』
サメ映画の原点 『ジョーズ』
シャーク・ノワール 『地獄のジョーズ ‘87最後の復讐』
リラクゼーション・シャーク・ムービー 『タイガーシャーク』
本家『ジョーズ』の再来 『ジョーズ2』
『チコと鮫』のリメイク作品 『少年と鮫』
仄暗い海の底から 『ジュラシック・ジョーズ』

コラム “山のジョーズ”について

SHARK 2 1981~1990
イタリアン・ジョーズ 『ジョーズ・リターンズ』
飛び出す3D『ジョーズ』展 『ジョーズ3』
トンデモ系サメ映画のパイオニア 『死神ジョーズ 戦慄の血しぶき』
ジョーズ FINAL WARS 『ジョーズ’87 復讐篇』
『ジョーズ・アタック2』とは無関係のサメ映画 『死海からの脱出』
スタンド・バイ・シャーク 『ディープ・ブラッド 復讐のシャーク』

コラム 準サメ映画について

SHARK 3 1991~2000
廃材アートのサメ映画 『ジョーズ’96 虐殺篇』
サメ映画からの物体X 『プロテウス』
川の流れのように 『ジョーズ’98 激流篇』
恐怖のサメ人間映画 『海棲獣』
シャークアタック三部作の第一部 『シャークアタック』
初代『ジョーズ』に並ぶサメ映画 『ディープ・ブルー』
シャークアタック三部作の第二部 『ディープ・ライジング』

コラム 中国のサメ映画について

SHARK 4 2001~2010
復讐悲劇のサメ映画 『シャーク・ハンター』
シャークアタック三部作の第三部 『ディープ・ライジング コンクエスト』
カルカロクレス・メガロドン 『メガロドン』
プロレタリア・シャーキング・パニック! 『レッド・ウォーター サメ地獄』
無個性のサメ映画 『ディープシャーク』
オープン・ウォーターシリーズの一作目 『オープン・ウォーター』
ジョーズ・オリジン 『ジョーズ 恐怖の12日間』
サメ映画のアウトバーン 『ブルーサヴェージ』
UFO製サメ映画 『生体兵器アトミックジョーズ』
ボーイ・ミーツ・シャーク 『ブルーサヴェージ セカンドインパクト』
スペースシップと潜水艦のサメ映画 『インパクト』
沈黙のサメ映画 『キラー・シャーク 殺人鮫』
ランニングタイム164分のサメ映画 『凶悪海域 シャーク・スウォーム』
ヴェネツィアのサメ映画 『シャーク・イン・ベニス』
世にも珍しいミツクリザメ映画 『ジョーズ・イン・ツナミ』
純国産和風サメ映画 『ジョーズ・イン・ジャパン』
トンデモ系サメ映画のブレイクスルー 『メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス』
シャーク×ダイナソー=ディノシャーク 『ディノシャーク』
シャーク+オクトパス=シャークトパス 『シャークトパス』
『オープン・ウォーター』とは無関係のサメ映画 『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』
メガ・シャークの逆襲 『メガ・シャークVSクロコザウルス』

コラム 『ファインディング・ニモ』について

SHARK 5 2011~2020
スーパー・シャーク!! 『シャーク・アタック!!』
水陸両用のサメ映画 『ビーチ・シャーク』
沼地のサメ映画 『フライング・ジョーズ』
「その数、46種類」 『シャーク・ナイト』
雪山が舞台のサメ映画 『スノーシャーク 悪魔のフカヒレ』
一挙両得のサメ映画 『ダブルヘッド・ジョーズ』
ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

75
「クジラ」の次は「サメ」というわけでもないが、図書館の新刊案内で見つけて早速読む。「ジョーズ」と「MEGザ・モンスター」くらいしか見たことないが、こんなに沢山のサメ映画があるとはビックリ。しかも、そのトンデモない飛躍ぶりは凄い。サメが海で襲うのは当たり前だが、地上で襲ったり、空から襲ったり、幽霊になって襲ったり、家で襲ったり…。さらに、多頭サメや、多生物との合体や、ロボット化したりと止まるところがない。怪獣映画のようにVSものも多い。竜巻で巻き上げられたサメが襲う「シャークネード」シリーズってのは見たい。2021/08/30

yomineko@背番号17

69
wow!!!わ~~~い\(^o^)/買っちゃった\(^o^)/最近、サメ映画愛が止まらない私。図書館でリクエストしようかと思いましたが、たまらず購入。著者の緻密な映画解説が非常に参考になります!!!名作中の名作、ジョーズを観た事がない私。アマゾンでレンタルします!🦈💛🦈💛🦈💛🦈🦈💛🦈💛🦈駄作と思えるサメ映画も多いですが、この本を読むとそうでもないと思わせるところが凄いです。2021/09/24

タカユキ

52
サメ・サメ・サメ!太い、厚い、そして中身が濃い。「ジョーズ」よりさらに古いサメ映画から近年のサメ映画まで、あらゆるサメ映画を一本に集約。サメが海で襲うだけではない。地上で襲ったり、空から襲ったり、幽霊になって襲ったりとあらゆる場所にサメは現れる!浅くも広いサメ映画の世界に引きずり込まれる、シッカリしたサメ映画マニュアル。一つの作品を数ページに渡って、ストーリー、解説、データを紹介している。不出来な作品についても、その作品の内容に合わせたユーモアで笑わせてくれる。生活に欠かせない一冊。2021/09/29

つーこ

31
自分好みの偏った読書にならないよう夫が選んだ本も全て読むようにしているが、その中でもこれが一番興味持てなかったな〜。そもそもサメ映画は『ジョーズ』と『MEG』しか観たことないからかもだけど、内容を読んで「こんな無茶苦茶な映画あり?」って作品ばかり。え?ジョーズが復讐?とか、幽霊??とか。まあ、こんなにサメ映画があることには驚いたし、それを1冊にまとめたってだけで、サメ映画好き(そんな人がいるのかな〜?)にはありがたいのかな。2021/12/26

のれん

17
一部でニッチな人気を誇るサメ映画ライター「知的風ハット」による、恐らく世界唯一のサメ映画のまとめ本。 著者はまごうことなきシネフィルであり、その造詣の深さが映画の解説に響く。シーンの手抜き一つとっても、どこから流用しパクったのか、制作者の意図を読み解き、自らの視点を交えた評論を下す。 ここまで真面目にサメ映画を鑑賞した者がいるだろうか。著者の努力と手抜きと人間臭さ全開の低予算映画好きが見える。 愛すべきカオス本。低俗ならではの映画の魅力がここにある。これもまた面白さである。2021/07/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18215860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。