富士見ファンタジア文庫<br> 大罪ダンジョン教習所の反面教師 外れギフトの【案内人】が実は最強の探索者であることを、生徒たちはまだ知らない

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
大罪ダンジョン教習所の反面教師 外れギフトの【案内人】が実は最強の探索者であることを、生徒たちはまだ知らない

  • ISBN:9784040741888

ファイル: /

内容説明

あらゆる欲望を叶える、全七層の大罪ダンジョン。その探索には免許が必要とされ、教習所は今日も賑わう。そこで反面教師と呼ばれる青年ディルは、かつて自身が唯一人辿り着いた“八層目”を目指す少女と出会い!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

21
★★★☆ web版未読。小説家になろう発のダンジョン教官ファンタジー物。ファンタジア文庫のお家芸感もある教官物ではあるが、今作はそれらの中でもかなり楽しめた作品のうちの一つとなった。物語は七階層まで続くダンジョンとそれを攻略しようと奮闘する探索者を主軸に押さえ、とある事情から探索者を引退し、育成の道に進んだ自堕落な主人公とそんな彼をなんやかんや慕う生徒や元探索者仲間達を描いたお話。正直目新しさがあるかと言われるとそういう訳でもなく、むしろかなり王道設定・展開の連続で人によっては食傷気味に感じるジャン→2021/08/10

真白優樹

5
人の欲望を叶える、様々な特色を持つ七層のダンジョンがある世界で、かつて隠された八層まで辿り着いた青年が、とある少女との出会いを切っ掛けに立ち上がる物語。―――再び駆けだせ、その深淵へ真っ直ぐに。 何処か無気力、投げやりだけど見ているときはきちんと見ている。そんな青年が大望を掲げる少女に出会い、彼女の言葉を切っ掛けに再び立ち上がる物語であり、成長と再起、二つの面白さが両立しているからこそ面白い物語である。またあの深淵へ、再び仲間達と共に。立ち上がった青年の道の先に待つ未来とは。 次巻も須らく期待である。2021/07/18

リク

3
ファンタジーしてる!って感じの作品。他種族が共生する世界、階層の特徴と七つの大罪がリンクしたダンジョン。その攻略を目指すひよっこたちに生き延びる術を教える教官の物語。怠惰領域っぽい主人公のディルだけど、性根の優しさがところどころ見えるのが良い。隠れた実力者の風格がありながら、遠慮なく他人を頼れるところがカッコいい。そして素直可愛いアレテー、王道ツンデレのモネとそれぞれディルとの距離感があって、どちらもディルの違う表情を引き出している。彼らは深淵の先に求めるものを見つけることができるのか。2021/07/26

0
反面教師と揶揄される主人公、しかし一部のものは彼のことを慕っており…いわゆる「根はいいヤツ」です。生徒や後輩の面倒をみてまた慕われて…という無限ループ。おもしろかったです。2021/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18157260

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。