ゼロトラスト Googleが選んだ最強のセキュリティー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

ゼロトラスト Googleが選んだ最強のセキュリティー

  • 著者名:勝村幸博【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 日経BP(2021/06発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784296108992

ファイル: /

内容説明

米グーグルが、自社のシステムに全面採用した最強のセキュリティー「ゼロトラスト(Zero Trust)」。なぜ注目されるのか、先進企業が続々と採用に踏み切っている理由はどこにあるのか――。初心者にも分かりやすいネットワーク技術解説で定評ある日経NETWORKの編集長が一般のビジネスパーソンでも理解できるよう、できるだけ平易な言葉で解説しました。
 コロナ禍で急速に進んだリモートワークの利用。それに対応するためのシステム/セキュリティー投資負荷に多くの企業が苦しんでいます。また、「ランサムウエア」など凶悪化、巧妙化する一方のサイバー攻撃への対応に悩む企業も多いはずです。「ゼロトラスト」はもともとこうしたセキュリティーの課題を解決するために考案された技術で、対応の切り札になり得ます。

 本書では「何も信頼しない」ですべてを守る次世代セキュリティー「ゼロトラスト」の基本的な考え方や登場の背景を解説した上で、「ゼロトラスト」を構築するために必要な技術やクラウドサービス、最近のサイバー攻撃の手口なども紹介します。多岐に渡る視点で詳細に解説し、「ゼロトラスト」を理解できる1冊です。

目次

第1章 ゼロトラストとは何か
第2章 ゼロトラストを実現する技術
第3章 ゼロトラストを構成するサービス
第4章 ゼロトラストを強化する連携
第5章 ゼロトラストの導入手順
第6章 ゼロトラストを脅かすサイバー攻撃

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Tenouji

11
「ゼロトラスト」って言葉は聞いてたけど、具体的な中身がよくわからなかったので、読んでみた。ファイアウォールのような「境界防衛」の限界を打破するためにGoogleが考え、広く発表したものなのね。二段階認証ってものも広まってきたけど、その本質は、多要素認証って考え方なのね。ざっと読むには良い本でした。2021/06/29

でんがん

7
最近聞くようになったゼロトラストについて概要がまとめられた本。ほぼ知識ゼロでも理解できるくらい分かりやすかった。全くの門外漢なので知れないことだらけで勉強になった。2021/07/22

口車の弥七

1
この世の中、誰も信じられない。というのがゼロトラストなんだな。考え方はわかったけれど、導入するにはお金と知識が必要ですね。生半可な気持ちでやると、かえって脅威にさらされてしまいそう。しっかりした構成が取れないなら、あえてゼロトラストを選ばず境界型防御を選択した方が良さそうです。それにしてもこの世界は次々と悪い事を考える人がいるもので、それが国家ぐるみだったりするから手に負えない。便利になった裏返しが、ここまでひどいしっぺ返しだなんて。頭のいい人が、安心してインターネットを使える仕組みを考えてくれないかな。2021/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18175485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。