NEO HUMAN ネオ・ヒューマン―究極の自由を得る未来

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

NEO HUMAN ネオ・ヒューマン―究極の自由を得る未来

  • ISBN:9784492046906

ファイル: /

内容説明

【世界で発売まもなく、メディアで大反響!】
ルールなんてぶっ壊せ!
「文芸×エンタメ×サイエンス×ビジネス」
ジェットコースター級、圧巻のおもしろさ!

全身が動かなくなる難病、ALSを患った科学者は、
人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きることを選んだ。

「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
「私たちが目指すのは『人間である』ことの定義を書き換えることだ」
「我々は生まれながらにして、『世界を変える』力を持っている。
 たとえ、絶望に打ちのめされているときでも」
「今も昔も、僕のスローガンは変わらない――ルールなんてぶっ壊せ!」

AIとの融合は、人類に何をもたらすのか。
年齢、性別、肉体、時間、病、
そして死からの解放を目指す「人類最大の挑戦」の結末は。
「究極の自由」を追い続ける科学者の、現在進行形の実話。

「これは、もっと強く、もっと立派な、今とは違う自分になりたいと
 願ったことのある、すべて人のための戦いなんだ」

【本書の読みどころ】
1.Identity:人はここまで強く、自由になれる
どんな敵にも屈しない勇気。
すべてを前向きに受け止める明るさ。
そしてあらゆる常識から解き放たれた精神の自由。
本書は、何かに抑圧されながら日々を送るすべての人に、
ささやかな抵抗を始める「勇気」と「強さ」をくれる、
最高の自己啓発書である。

2.Technology:人は病や老いから解放され、永遠に生きる
どうすれば人とAIは共存できるのか?
そのとき「人として生きること」の定義はどう変わるのか?
AIと人が分かちがたく結ばれたとき、なぜ「死」の概念が消えるのか?
本書は、AIと人類の関係を根本から問い直す、
世界最先端のテクノロジーに関する本である。

3.Love:すべては、愛のために
ピーターはなぜ、これほど強くなれたのか。
彼の傍らには、つねに1人の人物が寄り添っていた。
フランシス・スコット‐モーガン。
本書は彼らが迫害の末にたどり着いた
「真実の愛」を描く感動の物語である。

目次

PART1 科学は魔法に通じる
PART2 ルールをぶっ壊す
PART3 愛はすべてに勝つ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

48
筋肉が徐々に萎縮し、最後には意思表示ができなくなる「閉じ込め症候群」ALSに罹患した英国ロボット工学博士の闘病記。なんと自分が日々悩んでいることが些細で馬鹿らしく、行動力に欠いていることか!同氏は自由が効かなくなる前に、自由喪失後に生命への危険を最小限に抑える手術への取り組み、自らとAIを融合させて閉じ込め後も仮想世界で自由に活動することを目指している。同氏はゲイとして英国初の婚姻制度を活用した人物としても有名で、本書ではパートナーとの深い絆にも多くの誌面が割かれている。間違いなく元気と勇気を貰える一冊。2021/11/26

DEE

10
ALSに罹患した著者。ロボット工学の専門家でもある彼は、次第にコントロールできなくなっていく自分の体をAIに置き換えるというアイデアを思いつく。 人間の定義は今後どんどんと変わるのだろうと思わせるテーマは面白いのだけど、内容というか本としてあまり面白くない。タイトルに未来とある割には、その点に関してはファンタジーになっちゃってるし。正直期待外れ。2021/12/06

みゆき

9
MND(神経難病)を発症し、「サイボーグ化」を選択した著者による自伝。少年期・青年期とMND発症後と、時間軸が往復する形で書かれているので、サイボーグ化にのみ興味を持つ読者には読みづらいかも。サイボーグ工学で焦点が集まる倫理的な議論は奇妙なほどに触れられず、人間中心主義的・科学主義的な内容。彼の「実験」はMND患者の人々にとって一つの選択肢(「希望」)を提供するだろうが、その普及にあたって倫理的な視点を含む議論が不可欠なのではないか。そのためにはサイボーク化の過程だけでなく彼のその後の情報も必要だろう。2021/08/11

清水勇

7
著者は逆境を跳ね除ける天才だが、ALS(筋萎縮性軸索硬化症)という普通「生」を諦めてしまう最大の逆境でも逆にAIを使いこなして世界と今以上に交流できることを示して世界を変えようとする(AIの奴隷ではなくAIとの共存)意志の凄さに圧倒された。確かにALSになると最終的には視線しか外部に対する情報伝達手段は無いが、著者は自分自身の考え方の癖や無意識の反応パターンをAIに学習させれば通常の会話が成り立つと言い切る。最初この考え方は全く理解不能だったがよくよく考えて納得。だが著者はもっと先を考えていて驚愕した。2022/01/19

hikarunoir

5
難儀だろうが技術的具体性はほぼ無。あっても糞食らえだが倫理的議論も皆無。ただ想像通り脳スキャン後AIとの融合を妄想で描く。総じて恋愛小説か?2021/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17960723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。