角川文庫<br> 小説 孤狼の血 LEVEL2

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
小説 孤狼の血 LEVEL2

  • ISBN:9784041113318

ファイル: /

内容説明

広島の裏社会を治めていた呉原東署の刑事・大上亡き後、その遺志を継いだ若き刑事・日岡秀一。
警察権力を用いて暴力組織を取り仕切っていたが、広島に再び、抗争の火種が。
出所した“悪魔”上林が、日岡により壊滅状態に追い込まれた五十子会を再興すべく動き出したのだ。
復讐に燃える上林は、常軌を逸した残忍な手段で勢力を強めてゆく。
信念の刑事・日岡と、極道としてしか生きられなかった男・上林の、哀しき死闘が幕を開ける!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

176
確かに『孤狼の血』なんだ。日岡なんだもの。だがこれはLEVEL2とある。もうね、「日岡~こんなんなっちまったの?」(汗)くぅ、映画は観ていないのに映像が浮かぶ。鈴木亮平が演じる極道・上林が酷くて観てみたい。(上林あっての映画なのだろう)暴力が前面に溢れていて、チンタや姉の哀しみや裏切られた日岡の姿もかすんでしまう…このラストはどう捉えたらいいのだろう。戻ってこい、日岡! 2021/08/03

キムトモ

145
原作は既読で最高のエンターテインメント作品を堪能させて頂き、映像作品も無類の傑作作品なのですが…その続編を制作すると聞き、てっきり「凶犬の眼」の映像化と思いきや…映画用のオリジナルネタとのこと…充分面白かったです👍「凶犬の眼」では日岡は片田舎の派出所勤務となるのですが…その原因となった事件のお話。首領をやられた五十子会にこんなサイコヤクザがいたとは…こりゃ一冊書けますね👍「孤独の血」ファンは必読でしょう👍(ノ-_-)ノ~┻━┻このあとの映像化は「凶犬の眼」の映像化にしてください🙇‍♂️2021/08/23

GAKU

52
夏に公開の映画「孤狼の血 LEVEL2」のノベライズ。映画用に徹した、派手な暴力とグロい場面が多々あるヤクザ小説。柚月さん作品とは別物。ヤクザ小説、映画共に好きな私は面白く読めました。極悪非情のヤクザ上林を演じる、鈴木亮平が楽しみ。映画公開されたら、是非観に行きたいと思います。 2021/07/14

keiトモニ

48
なるほど、母さんの仰る“戻ってこい、日岡!”の意味がわかりました。それにしてもチンタ君はお気の毒なことで、言葉もございません。さて上林“神原さんにはほんまお世話になりました…シャバで精進しますけ…大抵の出所者は同じようなことを口にする…神原は無言だ…満期出所者のうちの多くが再犯で舞い戻って来る…上林を見送る神原の目は異端者を見るかのように醒めていた”…まっそうだろうね。日岡が噂通りの鬼畜と言うがその通りだ。恐ろしや。タコの糞で頭が上がるそのタコ、パールエンタープライズ社長吉田滋。立民枝野と落選辻元もタコ。2021/11/17

Kazuko Ohta

39
映画版は先行上映の“コロフェス”でとっとと観ました。てっきり『凶犬の眼』の映画化だと思っていたので、こんな話だったかなぁと自分の記憶力にダメ出しをしながら最後まで観て、映画オリジナルだと知った時にはドヒャーッ。原作三部作の一部と二部の間に上手くかませたものですねぇ。で、このノベライズ。薄くて良いけど、少なくとも第一部を読んだ人か観た人でないと楽しめないと思うのですが、どうでしょう。映像も相当グロかったのに、字で見ると更にグロく感じます。ホラー並みにえげつない。ノベライズって、「!」がやたら多くないですか。2021/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18088838

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。