TEENS’ ENTERTAINMENT<br> 歌う樹の星

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

TEENS’ ENTERTAINMENT
歌う樹の星

  • 著者名:風野潮【作】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • ポプラ社(2021/05発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784591142639

ファイル: /

内容説明

21××年。星間飛行が可能になって100年余り。地球と同じ組成と重力を持つ惑星ランタナ星に赴任することになった樹木医の資格を持つ水希。すでに赴任していた兄とともに基地へ向かう途中、森林地帯で髪の長い大きな瞳の少女を助ける。謎の男からから逃げていたようだが、なにを聞いてもしゃべることはなかった。その少女の正体は・・・? ランタナ星を舞台に描く、壮大なSFファンタジー!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るんるん

22
植物を愛していると同時に植物からも愛されている。森の声が届く生樹、水希、ジュリの3人はランタナ星を救えるのか。彼らの活躍にハラハラさせられました。身勝手な思惑を隠し続ける大人たちとの対立構図がわかりやすい。結末にきて、家族、恋、黒幕の存在などの謎の雲はさってゆき青い空が見えてくるのだが、このスッキリ感を読者はどのようにうけとめるか。。植物と会話できる二人の能力に焦点があてられていたのかもしれないが、樹木たちと人類とのかかわり、今後の生きる道も、もう少し味わいたかったな。2016/01/09

そのぼん

19
自然豊かな星のなかで繰り広げられるSFファンタジーものでした。植物の『声』を聞き取れる少女が主人公で、草木の爽やかな香りが漂ってきそうな作品でした。2015/02/22

しゅてふぁん

13
地球に似た星を舞台にしたSFファンタジー。水希とジュリと森の植物が歌う、森全体が共鳴するオーケストラのような歌声はどんなだろう。きっと、言葉では言い表せないような響きなんだろうな。この本のイメージは装丁の通り『緑と茶色』だ。地球が青いように、惑星ランタナ星Ⅲは美しい緑色をしてるんだろう。自分の愛するものを守りたいという思いに溢れた作品だった。2016/02/13

13
いわゆるYAっぽい作品。SFの上澄みだけすくって、登場人物の心理描写も浅い感じ。もうちょっと深く描いてもいいんじゃないかなあ。藤子不二雄の「みどりの守り神」をものすごく薄くしたというか。YAだから、あんまり恋愛描写に力も入れられないし、…、そうなのかなあ、それは違うんじゃないかなあと呻りつつ流し読み。2015/03/20

ひなた*ぼっこ

12
アクエルタルハが好きで続きを探してたんだけど、あれは打ち切りになってしまったのかな。キャラが可愛かったから残念。やっぱり児童ファンタジー面白い。潮さんは自然というか緑をテーマにした世界観を描くのが上手いと思う。2019/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9233556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。