治安維持法の「現場」 - 治安維持法事件はどう裁かれたか

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy

治安維持法の「現場」 - 治安維持法事件はどう裁かれたか

  • 著者名:荻野富士夫
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 六花出版(2021/05発売)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784866171340

ファイル: /

内容説明

治安維持法事件によって市民はどう裁かれたのか。人の「思い」「信仰」の良し悪しを国が判断し、糾弾し、司法の場で裁く根拠となった治安維持法(1925~45年)。この法律によって、多くの市民が傷つきおびえ黙らされ天皇の国家に忠誠を誓うよう強制された。特高警察の検挙・取り調べ、思想検察による起訴、裁判所での予審・公判、刑の執行と保護観察・予防拘禁、釈放――それぞれの現場で治安維持法がどう運用されたのかを膨大な資料をもとに明らかにする。