幻冬舎新書<br> 女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家たち

個数:1
紙書籍版価格
¥990
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎新書
女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家たち

  • 著者名:ブレイディみかこ【著】
  • 価格 ¥940(本体¥855)
  • 幻冬舎(2021/05発売)
  • 初夏を満喫!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/19)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344986237

ファイル: /

内容説明

叩かれても。踏まれても。

したたかにサバイブする
世界の女性指導者と政治事情を
ブレイディみかこが解き明かす!

近年、世界中で多くの女性指導者が生まれている。アメリカ初の女性副大統領となったカマラ・ハリスに、コロナ禍で指導力を発揮するメルケル(ドイツ)、アーダーン(ニュージーランド)、蔡英文(台湾)ら各国首脳たち。政治という究極の「男社会」で、彼女たちはどのように闘い、上り詰めていったのか。その政治的手腕を激動の世界情勢と共に解き明かす。いっぽう、女性の政治進出を阻む「サイバー暴行」や、女性国会議員比率が世界166位と大幅に遅れる日本の問題にも言及。コロナ禍の社会で女性の生きにくさがより顕在化し、フェミニズムの機運高まる中「女たちのポリティクス」はどう在るべきか。その未来も照らす1冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

73
面白い! 毒舌に磨きがかかる。やはり女は女に厳しいかw  メイ、メルケル(もう過去の人)小池、等の話は笑った。スコットランド事情は疎いのでぴんと来なかったけど。 AOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス議員)の、キレッキレダンス流出動画観てみたい。 2021年刊2022/04/05

ずっきん

72
『ぼくはイエローで〜』もよかったけど、やっぱこっち系が本領発揮という気がする。「揺れる欧州の中心に坐する漬物石メルケル」「人種やジェンダーだけでなく、上と下(格差)との対立」対立も多様性を増し、構造的に複雑になってるよなあ。フェモナショナリズムについては、とても勉強になった。うーん、陥りがちなので気をつけねば。著者のシビアかつ明快明晰な語り口がとてもいい。2021/11/23

さぜん

65
世界の女性政治家達をブレイディさん節で論じた一冊。彼女達が政治の舞台に出てくる背景や社会情勢を考察している。世界を見ても女性政治家は少ない。ガラスの天井はまだ分厚い。興味深いのはフィンランド。5党連立政権の党首は女性であり女性首相が誕生した(2020年)今の日本では想像もつかない。かといってダークサイドの面もあるそうだ。女性の個人的尊厳より経済的独立に重きを置いたことでDVが多いらしい。ジェンダー平等が進む一方で置き去りにされているもの。それでも、今の日本よりずっと前進的。2023/12/19

ネギっ子gen

65
【深く地に根を張ったイシューをどうにかしようと思ったら、使えるものは何でも使う必要がある。上からも下からも潰していかないと「これまでの常識」は突き崩していけない】世界中で多くの女性指導者が生まれた。カマラ・ハリスにメルケルら。政治という究極の「男社会」で、彼女たちはどのように闘い、上り詰めたか。コロナ禍の社会で女性の生きにくさがより顕在化する中、「女たちのポリティクス」はどう在るべきか問うた書。一方、女性の政治進出を阻む「サイバー暴行」や、女性国会議員比率が世界166位と大幅に遅れる日本の問題にも言及。⇒2023/01/31

速読おやじ

42
そういえば最近女性のトップ政治家が増えてきた。日本でも高市さんなんかは本気で首相を狙いそうだ。ブレグジットが上手く出来ずに酷評されたメイ首相のように「決められない」政治家もいるし、メルケルのように自分を育ててくれたコールをばっさり切ってほぼ独裁的な強い指導者もいる。フィンランドでは34歳の女性首相サンナ・マリンが誕生している。ほんでもってその連結政権の党首は全員女性で大半が30代前半!世界はもうぶっ飛んでいる。米民主党のAOC(コルテス)のパフォーマンスも凄い。小池百合子も含めて、女性政治家が熱い!2022/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18041189
  • ご注意事項