創元推理文庫<br> ドロシイ殺し

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader

創元推理文庫
ドロシイ殺し

  • 著者名:小林泰三【著】
  • 価格 ¥799(本体¥727)
  • 東京創元社(2021/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488420161

ファイル: /

内容説明

普段は頭の切れる理系の大学院生なのに、夢の中では不思議の国の間抜けな“蜥蜴のビル”になってしまう青年・井森は、ある日の夢の中で、なぜか砂漠を彷徨っていた。干からびる寸前の彼を救ったのは、案山子とブリキの樵とライオンを連れた、ドロシイと名乗る少女だった。オズの国に住む彼女たちは、不思議の国へ帰る方法を探すビルをひとまずエメラルドの都へと連れていくことにする。だが、オズの国の支配者・オズマの誕生パーティーで盛り上がる宮殿内で殺人事件が発生し、井森が暮らす現実世界でも相似形をなす死亡事故が起きる。狂気の王国で起きる死の連鎖の恐るべき真相とは?/解説=小出和代

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

神太郎

51
メルヘン殺しシリーズもついに三作目。ハードカバーを買う前に文庫化してしまったので今回は文庫で。不思議の国→ホフマン宇宙ときて次はオズの魔法使いの世界。今までで一番普通かと思いきやいやいやこちらもこちらで実に狂っております(小林泰三の筆のせいなのか?)。今回は現実世界の方があっちの方よりもヤバい人たち(人ならざる人たち)だったので井森君はそれ以上踏み込まなくて正解だったかと(角川ホラー文庫世界に行っちゃうぞ?)。ビル君はいつになったら不思議の国に帰れるのかなぁ?2021/07/22

Junichi Yamaguchi

29
『おまえはおまえの世界に生きるしかないんだね』… シリーズ3作目。 やはり、このシリーズは楽しい。 童心に帰りながらも大人じゃなきゃ耐えられないような残虐性の高い事件。 次巻がラスト… 期待したい。 しかし、「クララ」を読んでない… 近々のテーマは「クララ探し」。。2021/08/26

えりか

25
このシリーズ登場人物たちの会話がとても好きだ。間抜けなビルにイライラしつつも、どうしようもなく可愛くて仕方ない。このドロシィの世界が一番怖い。幸福とはなんなのかと考えさせられる。殺され方がグロテクスなのと、ユニークな会話であるがテンポと言い回しが独特なので、もしかしたら読みづらいと思う方もいるかもしれない。しかし、ドロシィはアリスやクララより読みやすいかと思う。ティンカーベルで最後なのが本当に悲しい。大好きなシリーズでした。ご冥福を祈りします。2021/06/23

おうつき

24
メルヘン殺しシリーズ3作目。今作のモチーフになっているのはオズの魔法使い。前作よりは題材に馴染みがある分、とっつき易かった。著者の別作品のキャラクターも登場するのもサプライズ感があって良い。登場人物同士のズレた会話も健在で、荒唐無稽の世界の中に仕掛けられた企みに驚かされた。次が最終作になってしまったのは、やっぱり寂しい。2021/09/04

nil

15
ファンサービスが過ぎる!これはもうファン冥利につきる。『玩具修理者』は2篇とも再読に再読を重ねているので余計嬉しい。期待をしれっとかわしつつラストでしっかりサービスの仕上げをしてくれるところが本当に最高。ミステリとしてはそこまで高い評価が得られるとは思えないが、シリーズ最大の魅力である愛すべきビルのとぼけた発言は今作でも出し惜しみされることなく、トレードマークのような残酷表現も十分なのでお腹いっぱい楽しめた。ビルのトンチンカンな筈の発言が稀に物凄く核心を突いていてヒヤッとするところも今作の楽しいポイント。2021/06/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17968099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。