死にたがりの君に贈る物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

死にたがりの君に贈る物語

  • ISBN:9784591170083

ファイル: /

内容説明

全国に熱狂的なファンを持つ、謎に包まれた小説家・ミマサカリオリの訃報が、人気シリーズの完結目前に告げられた。奇しくも作品は批判に晒され、さらに作家に心酔していた高校生・純恋が後追い自殺を図る。未遂に終わったが「完結編が読めないなら生きる意味がない」と語る純恋。やがて山中の廃校に純恋を含むミマサカファン、七人の男女が集まった。小説をなぞる生活をし、その結末を探ろうとしたのだが、ある事件が起きて――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ウッディ

205
SNSでの炎上で人気小説シリーズの途中で筆を折った覆面作家・ミマサカリオリの死亡説が流れる。小説の結末を読めないことに絶望した熱狂的ファンの男女7人は、辺境の廃校で、小説と同じような共同生活を始めるが・・。本当の自分を隠す共同生活で彼らが吐く嘘は、不穏な雰囲気を演出していたが、ラストでそれが優しい嘘だったことがわかる。設定も面白く、バラバラだったピースがきれいに収まっていくのも気持ちよかった。ここまで人を惹きつける小説作品に出会ってみたいと思うとともに、架空小説のあとがきにもジーンとした。面白かったです。2021/10/29

machi☺︎︎゛

151
大人気の小説「Swallowtail Waltz」の作者ミマサカリオリが最終巻を前に亡くなるというニュースが流れた。そこでSwallowtail Waltzの大ファンがファンサイトから集められ廃校で生活をして物語の結末を探るという提案がなされ7人の男女が集まった。一冊の小説が読者に与える影響力がどれ程のものか、そこに隠された作者や編集者の苦労は想像を絶するものであり、ますます本が好きになった。廃校生活の所は少し長く感じたけどそのおかげで最後の終わり方がより感動するものになった。2021/07/21

☆よいこ

85
覆面作家ミマサカリオリが死んだ。圧倒的人気作品『Suwarouteiru Waltz(スワロウテイル ワルツ)』シリーズはメディアミックスで百万部を売上げ、最終巻が待ちわびられていた。最終巻が読めないと知った16歳の少女は自殺をはかる。コアなファンが小説と同じに、廃村の学校跡に集まり共同生活をおくる企画を立ち上げた。7人の男女は小説を追体験するようにサバイバル生活を始める。しかしそこに、幻の最終巻の原稿が現れる。▽作中小説を美化する言葉に前半うんざりもしたけど、後半の真相解明と希望のある終わり方はよかった2021/11/06

シャコタンブルー

79
大人気小説の第5巻で人気のあるヒロインを死亡させたことで作者のミマサカリオリ対しての誹謗中傷が始まる。ナイーブで社会との接点を持たない作者はエゴサーチにより精神的に追い込まれる。一人で黙々と物語を紡ぐ作業、それは孤独と忍耐と根気そして類まれな創造力が必要だ。「この小説を読むために私は生まれてきました」という熱心なファンが心の支えにもなるだろう。山中の廃校に7人の男女が集まった経緯には驚愕したがその行動も理解できる。「あなたがいるから、私は小説を書こうと思います」この言葉で生きる力と勇気、そして感動も得た。2021/06/02

よしぱん

75
★3 このタイトルと表紙だとお涙頂戴ラブストーリー?と思ったが、冒頭にいきなり見取り図があり密室殺人もの?と思ったが、結局どっちでもなかった。作者死亡で小説未完のため、そのラストを想像すべく小説設定と同じようにファン7名が廃校で共同生活する物語。何だそりゃ?と思うけど、もちろん裏がありつつ、7名はどんどん脱落しつつ。そして最後のページでタイトルの意味を知り、何だかんだこのタイトルがベストだったか!の気分になる一冊。2022/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17882176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。