中公文庫<br> 少女架刑 吉村昭自選初期短篇集I

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
少女架刑 吉村昭自選初期短篇集I

  • 著者名:吉村昭【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 中央公論新社(2021/04発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122066540

ファイル: /

内容説明

徹底した取材と綿密な調査に基づく重厚な歴史小説で知られる作家・吉村昭。その文学的出発点を示す自選短篇集(全二巻)。第Ⅰ巻には表題作のほか、三島由紀夫が激賞した「死体」、初の芥川賞候補作「鉄橋」など、一九五二年から六〇年までの七編を収める。巻末にエッセイ「遠い道程」を付す。

【収録作品】
死体/青い骨/さよと僕たち/鉄橋/服喪の夏/少女架刑/星と葬礼