花街と芸妓・舞妓の世界 - 継がれゆく全国各地の芸と美と技

個数:1
紙書籍版価格 ¥6,600
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

花街と芸妓・舞妓の世界 - 継がれゆく全国各地の芸と美と技

  • ISBN:9784416518335

ファイル: /

内容説明

全国各地の花街とそこに生きる芸妓や舞妓、それを支える職人たちの「いま」を、歴史や文化、芸能などさまざまな観点から紹介した書籍です。

花街――可憐な舞妓と洗練された芸妓、そして彼女たちの珠玉の芸ともてなしを誇る格調高いお座敷。
「一見さんお断り」の言葉でイメージされる別世界と捉えられる一方で、近年は観光地としての人気も高まり、芸妓や舞妓は日本の美意識や文化を伝える存在として注目されています。

花街があるのは京都だけではありません。
全国各地に、その土地の歴史や習俗・文化と深く結びついた特色をもつ花街があり、地域に根差した行事や芸能を通じて、そのもてなしの真髄を伝えてきました。
また近年はその文化を次代につないでいくことを目指し、伝統を守るだけでなく、芸妓の育成方法をはじめ、舞踊公演や一般向けの催し、他地域の花街との連携など、時代に即して大きな変化をとげている部分もあります。

本書は、そうした全国各地の花街とそこに生きる芸妓や舞妓、その稼業を支える職人たちの「いま」を記録し、40年以上花街の撮影を続けるカメラマン・溝縁ひろし氏の写真とともに、歴史や慣習、芸能、行事、美粧など、各地で育まれてきた花街と芸妓の文化をさまざまな観点から紹介します。

目次

◇花街という世界
おもてなしという「芸」/花街とはどんな場所か/花街をかたちづくる業種/花街のことば

◇京都五花街
祇園甲部/宮川町/先斗町/上七軒/祇園東/京都花街の歳時記/舞妓から芸妓へ/立方と地方/芸妓・舞妓が学ぶ芸事/花街の音色を守る今井楽器店

◇芸妓・舞妓のよそおいとそれを支える職人技
舞妓のよそおい/芸妓のよそおい/舞妓の髪型/芸妓のかつら/花かんざし12ヶ月/舞妓の髪を結う/芸妓の美しさを引き出すかつら/季節をうつす花かんざし/和の化粧/芸妓・舞妓の着付け/男衆/四季のよそおいと着物/「衣」をコーディネートする/色鮮やかな友禅染/舞妓・芸妓の後ろ姿を彩る帯/シャリ感のある夏の帯、ぬれぬきの帯/見せる量でかわいさを表現する帯揚/舞妓を飾る華やかなぽっちり/日本髪を引き立てる刺しゅう半襟/履物のいろいろ/芸妓・舞妓の小間物類/夏のご挨拶・京丸うちわ/祇園甲部年末の風物詩「おことうさん」と福玉

◇東京の花街
葭町/新橋/赤坂/神楽坂/浅草/向嶋/八王子/江戸小紋と花街の着物

◇全国の花街
盛岡/七日町/古町/金沢/名古屋/元林院/大阪/高松/松山/高知/徳島/博多/長崎

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

バーベナ

1
花街は日本全国にある。その記録。仕込みさんから芸妓になるまでには、なんて多くの職人・裏方が係っているのだろう。全体が一大産業。根性つけて仕込みさんからやってみたい・・・。2021/04/11

森田健作

1
コンテンツが盛り沢山。流し読み。意外と男のスタッフもいるのだな、と初めて知った。2020/11/06

kaz

0
全国各地とは言っても、京都の花街関連で半分以上のページを占めるが、東京、盛岡、山形、新潟(古町)、金沢、名古屋、奈良、大阪、四国4県の花街も紹介。京都と比べると、東京の平均年齢はずいぶん高いような気が。着物や踊りの様子の写真が美しい。 2020/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15015835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。