ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,290
  • Kinoppy
  • Reader

ピュリツァー賞 受賞写真 全記録 第2版

  • ISBN:9784863133211

ファイル: /

内容説明

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

米国内で発表された優れた報道・作品に授けられる「ピュリツァー賞」。時代を映す報道写真集の決定版に、2015年までの最新受賞写真を加えた改定版。

写真部門創設の1942~2011年を収録した初版に加えて、新たに2012~2015年の受賞写真を収録。
写真だけではなく、〈撮影時のエピソード〉〈写真の反響〉〈写真が社会へ与えた影響〉〈当時の時代背景〉〈ジャーナリズムの変化〉〈写真技術の変遷〉なども解説。フォトジャーナリズムの第一線にいた専門家の筆による解説は高い評価を得ている。
受賞写真を全年にわたり収録した書籍は他になく、資料としてきわめて有用。

写真家が全身全霊をかけて切り取った1枚の写真に、時代のすべてが映し出される。

目次

序文
はじめに
第1期(1942-1961年) 大判カメラの初期とピュリツァー賞受賞作品
第2期(1962-1969年) カメラの小型化、ベトナム戦争と公民権運動
第3期(1970-1980年) 新たな賞、特集写真部門の創設
第4期(1981-2002年) カラー写真、デジタル化、女性写真家、アフリカ
第5期(2003-2011年) デジタル革命
第6期(2011-2015年) フォトジャーナリズムに迫る新たな脅威

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あじ

58
写真を世に発表したことで、カメラマンや被写体の運命を大きく変えてしまう事がある。賞賛と非難の渦中に身を投じるフォトジャーナリストの、プライドと苦悩を写真を通して見た。今や誰もがカメラを携帯する時代。カメラを構える人々皆が、フォトジャーナリストかといえばそれは違う。私たちには真実を伝えようとする気骨がなく、結果責任を伴わないからだ。エネルギー爆発の瞬間、ファインダーを通し覚悟を決めなければならない。歴史を記録するとは、全責任の上にあること。本物のフォトジャーナリストを、魂の伝道師と呼びたい。2015/12/21

zero1

31
世界を切り取る写真家たちの勲章がここにある。戦争、差別、事故。硫黄島の星条旗はアーリントンの記念碑で有名。51年の黒人選手に対する悪質タックルは、日大の事件を思い出した。報道写真は多くが掲載するか否かで議論となる。80年の「ホメイニからのメッセージ」は報復を恐れて撮影者が匿名に。94年の「ハゲワシと少女」は激しく批判され撮影者が自殺した。この件は英語の教科書で紹介された。災害での救出劇もあり、人の悪魔と天使の両面が紹介されている。読メで97件しか登録がないのは残念。多くの人に読んでほしい。図書館で探して!2019/01/28

霜月

24
見過ごされてしまう出来事、知られることのない情景、分かち合う喜び、現場に居合わせることなくその瞬間が確かにあった事を一枚の写真から私達は知ることが出来る。時代が移り変わり、写真の持つ特性や意味合いも少しずつ変化しながらだけれどその一枚を通してファインダーの向こう側とこちら側が繋がる瞬間。そこに込められたものが感じられるような生々しくも静謐で神聖な空気さえ纏わせて。時に絶句し、時に涙を流し胸に刻む。命をかけて世界に届けるためにシャッターを切るその魂を確かに見た。2016/02/24

ユーさん

19
BOOKOFFのポイントを貯めて購入しました。一生懸命貯めた甲斐がある内容。全ての事実、物語る写真。時には命懸けで撮影した写真もあった事でしょう。一枚一枚から気持ちが伝わる写真、提供する側、される側どちらも人生の大きなヒントになっているのは間違い無しです。 2021/01/26

風に吹かれて

19
内紛、暴動、戦争などで人が人に対してふるう暴力。garbageの如く扱われる遺体、泣き叫ぶ人々、もはや息をするのも虚しいく感じているように見える無言の人々。人に銃を向ける人。同じ地域に住み敵対する人を、もはや死んでいるのに棍棒で打ち据え続ける人、それを取り囲んで微笑さえ浮かべて眺めて居る人々。人々、人々。激しい流れに溺れそうになる人を救出しようと必死に手を伸ばす人。癌で定められた命を生きる女性とその家族に寄り添った日々を取材した心に沁みる記録なども。すべて人間が行っていることだ……。2019/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9852470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。