岩波ジュニア新書<br> 寿命はなぜ決まっているのか - 長生き遺伝子のヒミツ

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader

岩波ジュニア新書
寿命はなぜ決まっているのか - 長生き遺伝子のヒミツ

  • 著者名:小林武彦
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 岩波書店(2021/04発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784005008247

ファイル: /

内容説明

「いつまでも若く」「ずっと健康でいたい」――アンチ・エイジング(抗加齢)は遠い昔から,人類の夢でした.しかし,人はみな,いつかは死にます.生き物はなぜ老い,なぜ死ぬのか? 「いのちの回数券」「長生き遺伝子」とは何か? 老化とガンの関係は? 細胞老化を第一線で研究する著者が,科学的な観点から,やさしく解説します.

目次

はじめに┴第1章 赤ちゃんも老化している!?┴ヒトはどのように死ぬのか?┴老化しない生物もいる? 細菌と原生生物┴不死身な生きものプラナリア┴樹木という生き方┴一つ一つの細胞が老化する ヘイフリックの実験┴なかなか老化しない細胞(1) 幹細胞、神経細胞┴なかなか老化しない細胞(2) 生殖細胞┴卵や精子も老化する┴細胞が老化するとどうなる?┴「プログラム仮説」と「エラー蓄積仮説」┴死滅する神経細胞┴脳の老化の原因┴ヒト早期老化症(早老症)┴個体の寿命は延ばせるの?┴ホルモンと個体老化┴閉経後の三〇年は「余計」ではない┴おばあちゃん仮説┴ホルモン治療で若返る?┴個体の死と細胞の死┴なぜヒトは死ぬのか?┴第2章 いのちの回数券はある?┴人生はカウントダウン?┴ちょっと復習 細胞分裂とDNAの複製┴DNA合成酵素の二つの「くせ」┴それでも変異はたまっていく┴iPS細胞も老化する┴染色体の端っこ問題┴テロメラーゼで元に戻す┴テロメアは分裂回数を数える┴テロメアは唯一のいのちの回数券か?┴第3章 DNA修復という若返り術┴メンデルと遺伝子 遺伝子って、何?┴遺伝子はDNAでできている 大腸菌はえらい!┴遺伝子は「情報」、DNAは「もの」┴意外とか弱いDNA┴発電所ミトコンドリアの功罪┴強い味方! DNA修復機構┴細胞周期を止めて傷を修復┴修復機構の破たんは、病気を引き起こす┴ゲノムの守護神p53┴DNAの傷とガン化┴ゲノムの傷と細胞の老化┴新しい細胞に渡す「きれいなゲノム」┴それでも傷つくゲノム 修復の限界┴第4章 長生き遺伝子の解明┴「長生き遺伝子」はあるのか?┴環境も寿命を延ばす┴ヒトの長寿遺伝子の探索┴長寿遺伝子の正体┴モデル生物を使った長寿遺伝子の探索┴マウスは老化研究に向いていない!┴三〇年生きるハダカデバネズミ┴老化研究に最適な生きもの(1) ハエ、線虫┴老化研究に最適な生きもの(2) 酵母菌┴ゲノムには壊れやすいところがある┴巨大反復配列リボソームRNA遺伝子┴リボソームRNA遺伝子は裸の王様!?┴遺伝子増幅機構の正体┴Sir2とFob1は寿命に関わる遺伝子である┴rDNAが寿命を決めている!┴ヒトでもrDNAは老化速度を決めている?┴サーチュインとrDNA┴細胞老化のrDNA仮説┴長寿遺伝子を活性化させるには┴NMNは夢の若返り薬か?┴終章 寿命はなぜ決まっているのか┴老化がなければ人類絶滅!?┴寿命が延びると幸せか?┴老化は必要?┴老化はガンを防ぎ、生きものを進化させた!┴高齢になるとガンになるのはなぜ?┴ヒトの寿命は操れるか?┴最後はガンと認知症との戦いか?┴人類は長寿社会を維持できるか┴少子化を少しでもくい止めるには┴科学にウルトラCを期待しない┴寿命はなぜあるのか┴おわりに┴キーワード┴章扉イラスト・本文図表作成:平井祐子