講談社文庫<br> 掟上今日子の婚姻届(文庫版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
掟上今日子の婚姻届(文庫版)

  • 著者名:西尾維新【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 講談社(2021/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065230732

ファイル: /

内容説明

忘却探偵・掟上今日子、「はじめて」の講演会。
檀上の今日子さんに投げかけられた危うい恋の質問をきっかけに、
冤罪体質の青年・隠館厄介は思わぬプロポーズを受けることとなり……。

美しき忘却探偵は、呪われた結婚を阻止できるのか!?
大人気シリーズ第6弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

K

85
忘却探偵シリーズ6作目。厄介さんが嫌われ、脅され、好かれて、断る。目次の時点で予期していたものの、急転直下の展開に振り落とされがちで頁を行き来した。今日子さんの演説と厄介さんへの取材に端を発し、囲井の呪い呪われた男性遍歴を詳らかにしていく件は、まさに他人の知りたくなかった秘密を明かす"探偵の所業"そのもので、背徳感や罪悪感のない交ぜになった良くも悪くもザラついた感情で読了。2021/08/15

星野流人

31
今回のエピソードは、冤罪体質の隠館厄介が持ち込んだ、「好きになった異性を破滅させてしまう」女性に関する物語。最速の探偵今日子さんによる謎解きがあったうえで、もうひとつ物語が発展していく構図で、楽しく読める作品でした。楽しく読める、とはいうものの、破滅させてしまうという特性のため、読後感は少し暗めな感覚でした。相変わらず今日子さんはひょうひょうとしていて、彼女のファンであるひとりとして、彼女の貴重な一面が見れたのも楽しかったです。2021/04/17

hnzwd

24
記憶が一日しか保たない忘却探偵シリーズ。現場を見た瞬間にほとんど真相にたどり着いてるのが定番。今回は講演会に呼ばれてます。リセットされてるはずなのに特別扱いされてる気がするのはいいな。2021/05/31

マッちゃま

21
シリーズ第6弾。非常に有能であるが眠る度に記憶がリセットされてしまう、最速にして忘却の探偵 掟上今日子。本書のスタートは、そんな今日子さんの講演会の模様から始まる。シリーズを追う読者からは今日子さんの演説に、らしさで笑うしかない。その後、いつものように冤罪…ではなく、ちょっと不思議な内容の依頼に訪れるの隠館厄介。今回の依頼内容は恋にまつわる呪いの解明。今回も今日しかない今日子さんの今日子さんらしい推理劇にドキドキとニヤニヤでした。この「記憶がリセットされる」というルールは非常に面白いルールだと関心でした♪2021/06/01

ツバサ

17
今回は登場人物が少なく、犯人を当てるというよりは動機や裏側を探っていくスタンスで今日子さんの様々な面も見られて、愉快だし深いなぁと思ったりして相変わらず楽しませてもらいました。厄介の想いも垣間見えて良かった。思い込みやすり込みで動きたくないなぁとしみじみ思いました。ブログにて→ https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2021/04/20/2130002021/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17712010

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。