基本がわかる 漢方医学講義

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,420
  • Kinoppy

基本がわかる 漢方医学講義

  • ISBN:9784758118750

ファイル: /

内容説明

全国82医学部で作成した初の共通テキスト.60分×4コマの講義+αの内容をまとめたコアカリ対応の1冊.イラストや写真が豊富でわかりやすい! 医学部生はもちろん,漢方を改めて学びたい医師にもお勧め

目次

はじめに
漢方医学卒前教育の基盤カリキュラム2016
日本漢方医学教育協議会 参加大学,顧問・幹事一覧

第1章 漢方医学の歴史
1 “漢方”の語源
2 中国医学の歴史
3 漢方医学の発展

第2章 漢方医学の基本理論と診察
1 証の概念
2 基本理論
1.基本理論の概略
2.陰陽と虚実・寒熱・表裏
3.六病位
4.気血水
5.五臓
3 診察法
1.四診 4つの診察法
2.望診
3.聞診
4.問診
5.切診

第3章 代表的な漢方薬の構成と効果,副作用
1 まず知っておくべき漢方薬の基本
2 代表的な漢方薬
1.葛根湯
2.大建中湯
3.六君子湯
4.抑肝散
5.加味逍遙散
6.八味地黄丸
3 代表的な生薬の効能と知っておくべき副作用

第4章 漢方薬が有効であった臨床例
症例1 58歳の女性 胃もたれ
症例2 63歳の男性 腹部膨満感,腹痛,便秘
症例3 52歳の女性 イライラ,顔面のほてりと下肢の冷え
症例4 4歳の女児 落ち着きがない
症例5 72歳の男性 腰痛,頻尿,耳鳴り
症例6 58歳の女性 悪寒,頭痛,鼻汁

第5章 鍼灸治療
1 鍼灸の基本
2 鍼灸の種類とメカニズム
3 適応と有害事象

課題 症例から証を考えて漢方薬を選んでみよう
補講 中医学
おわりに
索引
Chart Index

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sakie

15
こちらは漢方の歴史や概念の解説など、まさに教科書的な専門書。現在の日本では、医師資格を持っている人は漢方診療を行なえ、全ての医学部のカリキュラムに漢方医学が組み込まれていると知る。漢方医学では四診によって症状から「証」(=英訳はpattern)を判定し、治療法を決める。西洋医学よりも、医師の観察力に負う部分が大きく、経験値が的確さを上げる印象である。取り急ぎ覚えておきたいのは「血」と「水」は「気」の制御を受けているので、「血」や「水」の失調には「気」の失調も連動すること。陰陽と虚実はイメージが掴めた。2021/05/27

Iwata Kentaro

6
献本御礼。おそらくは医学生向けに作られた基本教科書。カラーだし、内容はかなり吟味・選抜していてよい教科書だと思いました。2020/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17071952

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。