お金はどこへいった? 明日の仕事に使える経済小話

個数:1
  • Kinoppy

お金はどこへいった? 明日の仕事に使える経済小話

  • 著者名:大西秀亜【著者】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • インプレスR&D(2021/03発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

本書は、オンラインサロン「右腕倶楽部」(現在は名称を変更して「CLUB RIGHT HAND」、略して「CRH」)に2019年8月にから2020年11月まで、著者がほぼ毎週投稿してきた「お金にまつわる話」の一部に若干の加筆修正を行ったものです。
本書はビジネスを指向されている「CLUB RIGHT HAND」参加サロンメンバーの方々を念頭において書いたものです。少し専門的な内容も含まれていますが、なるべくわかりやすくお伝えし、それらの知識がさらに新たな興味、知識につながること、実際のビジネスの場で役立つことを狙っています。著者の投稿に対して、サロンメンバーからの興味深いコメントも多数あり、メンバーと著者のやりとりの一部も掲載しています。
楽しみながら読み進めるうちに、知らぬ間に経済の知識が身につきます。アフターコロナ時代を生き抜くためにおすすめの一冊です。

目次

第1章 お金はどこへいった?
第2章 そもそもお金ってなんだっけ?
第3章 金(ゴールド)現代貨幣経済の光り輝く母
第4章 銀行なんて怖くない!!
第5章 商品在庫との苦闘
第6章 投資と投機
第7章 金融「戦闘力」を上げよう!
第8章 政治と経済