光文社文庫<br> 消えた断章

個数:1
紙書籍版価格
¥792
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社文庫
消えた断章

  • 著者名:深木章子
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 光文社(2021/03発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334791643

ファイル: /

内容説明

10年前、葛木夕夏は叔父に誘拐された。その間の記憶はなく、叔父は失踪。事件は親族間のトラブルと判断されたのだが、今になって刑事が接触してきた。最近見つかった男児の白骨遺体が関わっているようだが、夕夏は自分がその男児を殺したかもしれないという――。推理作家志望の君原樹来が、妹の麻亜知、元刑事の祖父・継雄と不可解極まる誘拐事件の謎に挑む!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えみ

62
その誘拐事件には何が隠されていた?10年前に叔父に誘拐されたという女性の証言から、今まさに発見された男児の白骨遺体が彼女の事件に巻き込まれた可能性があることを知る。元刑事を祖父に持ち、自らは推理作家を目指している樹来はこの不可解な難事件にのめり込んでいくが…。警察と事件関係者の関係と、第三者視点で探る真相が上手く重なり合ったとき、各々の狙いと思惑がハッキリと浮かび上がってくる。“信頼”という言葉を簡単に使ってきたけれど、実際に信頼関係を結ぶ難しさを思い知る。信頼、そこに辿りつくまでに隠された秘密とは何か。2023/05/20

坂城 弥生

44
ストーリーは良かったんだけど、樹来のキャラがダメでした…いい年して「じいじ」呼びとか、深刻な話をしてるときに「ハンバーガーが冷める」と心配しているとか…軽薄男にしかみえない…2021/06/11

ちえちゃん

12
10年前の2つの誘拐事件。この2つがどう絡んでいるのか楽しく読めた。サクサク読めた。冴えわたる推理で真相まで一直線。真相は「そうだったんだ…」としんみり…。最後から2ページ目の「触れられることのなかった真実」って何だ?私の推理力では辿り着けません😅2021/10/13

にゃるび

9
『交換殺人〜』に出てきた樹来くんが大学生になって出てくる続編。じいじも歳を取り、老人ホームで暮らしている。個人的には、深木先生はやっぱり長編の方が読み応えがあって面白い。10年前の誘拐事件の謎解きが、大学生でもできる範囲なのがリアルで良かった。2021/05/31

tommy

4
10年前、葛木夕夏は叔父に誘拐された。その間の記憶はなく、解放された後、叔父は失踪。事件は親族間のトラブルと判断されたが、今になって警視庁の刑事が接触してきた。最近見つかった男児の白骨遺体が関わっているようだが、夕夏は自分がその男児を殺したかもしれないという。2023/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17680475
  • ご注意事項