扶桑社BOOKS<br> おとなになってはみたけれど

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

扶桑社BOOKS
おとなになってはみたけれど

  • 著者名:飛田和緒
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 扶桑社(2021/03発売)
  • 夏はすぐそこ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/20)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594087388

ファイル: /

内容説明

ちょっぴりあがいてはいるけれど、年を重ねるのは楽しい
おとなには十分な年になった今だから思うこと、日々のことを、海辺の家に住む料理家が綴るエッセー集

【もくじ】
story I 仕事の話
料理家という仕事をしていても / レシピの源は家族 / 運命の出会い / 名物編集者と呼ばれる人たち…など

story II 食いしんぼの話
旬の素材はうれしい / 冷蔵庫に入れる前に / 春の海の味覚 / 出来たてを食べる…など

story III 家の話
災害やコロナに寄り添う暮らし / ものを減らす / 家のリフォームで見えたもの / 秘密の地下室…など

story IV おしゃれの話
夏のビーサン、冬のスニーカー / スカートの丈は年とともに / 着心地のよい服 / バッグのスリム化 …など

story V ものの話
土鍋と炊飯器とのいい関係 / 器も料理の一部 / 保存容器は琺瑯が便利 / 真っ黒に油焼けした揚げ鍋…など

story VI 日々の話
季節の移り変わり / そそっかしい事件簿 / 黒猫クロの思い出 / 海が見えるところに住む覚悟…など