中公文庫<br> 受難華

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
受難華

  • 著者名:菊池寛【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 中央公論新社(2021/02発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122070165

ファイル: /

内容説明

井の頭公園で〈秘密の結婚〉をする照子、道ならぬ恋に胸を焦がす寿美子、結婚後に夫の秘め事を知る桂子。女学校の仲良し三人組の恋愛と結婚に、思いもよらぬ試練が次々とふりかかる――。
「低級でも善良」な夫を愛せるか? 自分を欺いた夫を許せるか?
怒濤の昼ドラ的展開で読者を魅了し絶大な人気を博した、『真珠夫人』をしのぐ大正エンターテインメントの傑作。
〈解説〉酒井順子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

駄目男

15
菊池寛に関しては縷々述べたいこともあるが、文字数の限定もあるのでそうもいかない。だだ、芥川の自殺を食い止めることが出来た唯一の人物だったと思っている。扨て、本書だが、通俗小説といって侮るなかれで、「真珠夫人」もそうだが、これが結構面白い。本書の場合は三人の女学生が全員結婚したら再会して新婚生活について語り合うという約束だったが、その後の波乱に富んだ恋愛経験など、なかなか集まることの出来ない事情と経過を描く面白小説で、絶版状態で知られていないものがあれば、どんどん復刊して欲しいものだ。2021/03/05

たけはる

9
表紙と帯に惹かれて購入。おもしろかった!『細雪』などもそうですが、この時代独特のノーブルさというか上流階級の人々の暮らしってロマンがあります。三組の男女がそれぞれの結婚、夫婦の危機を乗り越えてゆく話ですが、いずれも畢竟、男性側が女性に負けてるのが印象的でした。当時の感覚としてはどうなんでしょうね?実際、男性の心の中ではこうだったのか、物語の上だけでの関係性なのか。とくに林健一×寿美子夫妻は完全にかかあ天下。⇒2021/09/09

鳩羽

6
卒業を目の前にした仲良し3人組は、それぞれの将来、結婚について思いを馳せていた。そして3人が結婚したら、それぞれの結婚生活について語り合う約束をする。寿美子は妻子ある男性と激しい恋に落ちていたが、別れが迫っていることを他の2人に言えずにいた。…大正時代のお嬢様3人の結婚、恋愛のメロドラマが展開される。読みやすいし、今から見ると個性が無いようにも見える彼女たちだが、活き活きぴちぴちしていて面白かった。恋愛や結婚、生きるということについて、いかにも作り物めいた彼女たちが吐露する心情に妙に真実味を感じた。2021/03/12

栄吉

4
★★★☆☆ ちまちま読み。大正エンタメ、3人の女性達の結婚感、当時の結婚に対する感覚など面白く読む。2021/04/25

かおり

2
カバーが大正ロマンな雰囲気と帯で壇蜜さんがコメントを寄せているのに気づいて即購入。話は、上流階級の女性たちの結婚生活をそれそれ、受難が襲うというものですが、お見合いや貞操観は、ギリギリ分かる世代?なので、さほど違和感なく読めました。真珠婦人も読んでみたくなりました。2021/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17208750

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。